スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

ハロウィーン商戦がバレンタイン商戦の規模を超えた件

NHKで今朝報道されておりました

ハロウィーンで車両通行規制へ 東京・渋谷

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161024/k10010741471000.html 10月24日 4時12分

10月31日のハロウィーンに向けて、毎年、仮装した大勢の人たちで混雑する東京・渋谷では、ことしはさらに多い人出が見込まれるとして、警視庁は、混雑の状況に応じて車両の通行を規制し、歩行者に車道を開放する措置を初めて取ることにしました。 10月31日のハロウィーンに向けて、東京・渋谷では、毎年、仮装した人たちなどが大勢集まって混雑するため、警視庁は、機動隊を出動させるなどして警戒に当たっています。 ことしは31日が月曜日のため、前の週の金曜日の28日から当日までに数百人規模が参加する仮装パーティーや、ハロウィーンの衣装の撮影会といったおよそ90のイベントが開かれる予定ですが、年々、盛り上がりが増していることから、警視庁は、例年よりさらに多い人出が見込まれるとしています。 このため、渋谷駅近くの「道玄坂下」の交差点から「文化村通り」と、「道玄坂」方面のそれぞれの車道で混雑の状況に応じて車両の通行を規制し、歩行者に車道を開放する措置を初めて取ることにしました。 さらに、去年より動員する警察官や機動隊員を増やすほか、JR渋谷駅前のスクランブル交差点などには「DJポリス」として知られる機動隊の広報班がマイクを使って誘導するなど、警戒を強化することにしています。

 

いろんなデーターを比較するとハロウィーン商戦は昨年あたりでバレンタインデー商戦の規模をこえたようでございますまあヤングだけの商戦ですけど、

そもそもハロウィーンの由来を調べてみると

ハロウィーン 毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭り。 もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、11月1日の、カトリックの聖人の日である万聖節(All-hallow)の前の晩に行われる。「 All-hallow-even」を短縮して、Halloweenと呼ばれる。

収穫祭+祝日の前という感じでしょうか。このブログの中の人は24年前のアメリカのハロウィンフリーズ事件の印象が強すぎてあまり祝えない世代です><

 

で売り上げをあげるためのブログとして注目するのはこちら

 

ハロウィーンがバレンタインデー商戦を超える理由

  • 女性だけの商戦でないこと

  • 食べ物消費の枠がが大きいこと

  • 老若男女誰もが盛り上がれること

バレンタインデーは女性がチョコレートを送るイベントなので、男性はなにもしないことが多いわけでございます。ハロウィーンは関係ないのでそれだけで市場が大きくなるわけです。そしてチョコとか甘いものではなく、かぼちゃがらみであれば和洋折衷どの料理もイベントにのっかることが可能なこと。コンビニも今年はすごい勢いでございます。ある百貨店ではハロウィーンの関連食品1.5倍になったとか。売上予想は3割増し。

昨年の渋谷の映像みてると年越しカウントダウンイベントっぽくなってきてますよね>< あの広告代理店はイースター商戦もこれから推し進めていくようです。研究してみるのもいいかもしれませんわ。