スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

ハロウィンはカボチャより柿!?  柿でかぼちゃの座を奪え  KAKIで今夜はPARTY!! JAわかやまの戦略

今実柿が食べたくなって買ってみました ハロウィーン柿 そのままぼりぼりたべるのが好きなんですわ 購入した理由はこの前のTVローカルニュース

JA和歌山による柿が若者に人気ないということでのハロウィーン便乗販売促進作戦

和歌山柿ハローウィン

若者に人気がない柿をハローウィンのかぼちゃの代わりとして売り込み作戦とのこと わたくし柿が大好きなんですが、家族の誰も好きではないので、一人で買ってきて食べております   果実として人気ないようですね 好きな果実ランキング

詳しい話がWEBにも来てました ハロウィンはカボチャより柿!?

http://www.nwn.jp/feature/halloween-kaki/

まもなくハロウィン! カボチャのランタンを思い浮かべますが、地元和歌山では同じオレンジ色の「柿」を使った新たな楽しみ方が生まれています。PRするのは農家を支えるJAグループ和歌山。県内5万㌧、全国1位の生産量を誇る特産品を、ユニークなレシピや動画で発信中です。  柿は大きく分けて2種類。種がほとんどなく果肉が柔らかい渋柿と、大半に種があり、しっかりとした歯ごたえの甘柿があります。和歌山では渋柿の一種、刀根早生柿が多く作られ、実が大きく甘いのが特徴です。  「柿が色づけば医者は青くなる」と言われるほど、柿は栄養満点。1つ食べるだけで、1日に必要なビタミンCがとれ、食物繊維も豊富です。  JAはあまり柿を食べない若い人向けに柿の良さを伝えようと、ハロウィンにちなんだPR活動を行っています。貼ると柿がハロウィンに使われるカボチャのように見える目と口の形をしたシールを配り、ヒップホップラッパーのDJみそしるとMCごはんさんが歌う楽曲『KAKIで今夜はPARTY! !』を製作。地元のゆるキャラ「かきたん」や「かき音ちゃん」らが柿料理でハロウィンパーティーを楽しむミュージックビデオをホームページで公開しています。  旬を迎えた柿が並ぶ紀の川市豊田のめっけもん広場では、入口近くでミュージックビデオを流しています。同市から訪れた尾上純子さん(31)は「柿は普段からよく食べます。ハロウィンと組み合わせる発想がユニークですね」と笑顔を見せていました。  ホームページでは、ペペロンチーノ、シャーベット、バーガーなどの柿料理の作り方を紹介。今年のハロウィンは地元産の柿を使った料理で盛り上がろう! 作り方はJAわかやまホームページを見てね!

http://kakine-chan.com/halloween/sp/

まあかぼちゃより手軽に食べれるし、柿のカレーとかおいしそうですよね。作ってみたいですわ。

季節のイベントや時事ネタに乗っかって販売するというのは売り上げを上げていく方法のひとつでございます。関係なくても売れる要素になっていくので、智慧を絞ってかぼちゃイベントに対抗してみてはいがかですか

[contact-form][contact-field label=‘名前’ type=‘name’ required=‘1’/][contact-field label=‘メールアドレス’ type=‘email’ required=‘1’/][contact-field label=‘ウェブサイト’ type=‘url’/][contact-field label=‘コメント’ type=‘textarea’ required=‘1’/][/contact-form]