スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

妙にシンクロしてしまった 村田沙耶香「コンビニ人間」

スイッチインタビューみて感想書くの忘れてたこと思い出したので書いてみます

村田沙耶香「コンビニ人間」

コンビニ人間

コンビニ人間

内容紹介

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作 36歳未婚女性、古倉恵子。 大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。 これまで彼氏なし。 オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、 変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。 日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、 毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。 仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、 完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、 私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。 ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、 そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。 現代の実存を問い、 正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

一番突き刺さったのはこの言葉

「世界の部品になれてない」 主人公はコンビニでしか存在理由を発見できない人なんですよね

いろいろな音がするコンビニの表現から引き込まれていきました

店員=コンビニのために存在する部品という発想に驚く

「35歳とかでしたよねそれでコンビニバイトって、そもそも終わってません?」 コンビニとしか世界と接していない主人公 他の人と人間関係の距離を保てないという意味で共感できる点もある

強制的に正常化される場所がコンビニで後は異常な世界ということなのか

「普通の人間っていうのは普通ではない人間を裁判するのが趣味なんですよ」

結局ある出来事がきっかけでやめてしまうのだが、オチや内容に共感できる人とできない人にわかれる小説 嫌悪感がわからないと伝わらないはず

自分がはまったということが普通の人間じゃないということよな

お姉ちゃんいたら言われそう「いつになったら治るの」 たぶんもう治らないわ 親が望んでる息子像にもなれてないしね

そういう人のための生きにくい社会のバイブルなのかもしれません