スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

ベンツは本当に「金持ちの外車」から脱皮したのか否か

今朝のニュースでこういう記事があがってました

ベンツ、「金持ちの外車」から脱皮 ニーズ把握し存在感: 朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK5L541FK5LULFA021.html

 メルセデスは最近、「金持ちの高級外車」というイメージから脱皮を図り、親しみやすさを前面に出す日本向けの戦略を打ち出す。六本木の店は、車を直接売らないブランド発信拠点として2011年に開設。13年には大阪にも作り、計580万人が訪れた。日本で選べる車種も5年前の1・5倍に増やした。特に低価格帯の小型車を13年以降、次々と投入し、14年に発売したGLAでは、初めてメルセデスを選んだ購入者が7割に上った....

グランフロントの1階広場にあるあのお店のことなんですね

[blogcard url=”http://www.mercedes-benz-connection.com/access/index.html”]

先立つものもないし、アッパー過ぎて入る気になれないけど

 

脱皮しようとはしてるのはこのCMでも明らか

https://youtu.be/fWVtAPPfq1I

そもそも相葉さんは貴族探偵ですから smartのコマーシャルは起用の意味がわかりましたが

https://youtu.be/92WWteV2jPc

これはニーズがずれるような

安全運転できるからベンツに乗りましょうという意図? 貴族だからベンツ乗ってるんです的な(たしか貴族探偵はトヨタCM枠) 高速運転の安定性と事故への強さは理解できます その昔巨人時代の王監督はプロ野球選手は体が資本だからベンツ(外車含む)に乗るべきといってたようですし 焼き肉食べてたり、ポテトチップス食べてたりしてる方が似合ってます

 

代理店がアレなのんでしょうか コマーシャル見て物買う時代でもないけど、みる度にザワザワしてます

最近のコマーシャル面白くないですよね 踊っておけばいいんでしょみたいな もともとコマーシャルって何個もでるべきじゃないとおもうのはおっさんの戯言なんでしょうか 長いことやってるなら問題はないんですが 色がつきすぎるんですよ

西島秀俊さんって自分の中ではいまだに悪魔のKISSとアリナミンのCMの人なんですが← アリナミンのコマーシャル変わってぞわぞわしてますもん

https://youtu.be/M-T9R2cINi0

気になってくぐってみたらアリナミンって製品ごとにキャラクター違ってることに気づいて今動揺してます

 

いやー気づいてませんでした 腰痛もちだから意識してしまうアリナミンEXのイメージが強いんでしょうけど コマーシャルって見てるようで伝わってないということ

メルセデス・ベンツは車の良さは味わっていただければわかりまります的なよさだからコマーシャルで親しみ持っておくれやすということなんでしょう 対するレクサスは謎CMばかりなのでキャラクターを作りたいという作戦かも

https://youtu.be/qR06MEu4MUk

戦略に意図を持つことが大切 というお話でした