スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

日記と記事の違い 

日記と記事の違い この違いがわかってないとネット集客できません

芸能人なら日記でよくて一般人は日記でダメな話をこの前しましたが、その理由は簡単なことなんですけどお分かりでしょうか?

http://sundevote.com/?p=8000

その答えは

一般人と違って芸能人はすでに有名だから

マーケティングとターゲットを絞る必要がないからです。マーケティング=ブランド作りなんですけど有名人って有名なので実績を説明する必要がないんですよ。例えば細川たかしさんってなにも説明しなくてもブランドありますよね

でも一般人はその実績もブランドもないわけです。

いつもお客様に話すんですが とにかく地元で一位になりましょうよと

 

例えばリフォーム屋さんを宣伝したいときに 全国でアクセス数トップになっても意味がないんですよ。これからブログやネット集客するリフォーム個人店って基本的にはその地域に絞るべきなんですよね。

大阪府のリフォーム店ではなく 堺市のリフォーム店での検索上位を目指すべきです

お客様がリフォームしたいとおもって検索するのは大抵 地域名と業種だから 梅田でラーメン食べたかったら 梅田 ラーメン屋 とか 梅田 おいしい ラーメン リフォームも ハウスリフォーム 堺  堺のリフォーム

検索するとやはり有名どころが多いです

リフォームだけだとライバル店も多いわけですが、地名だけなら競合はへるはず

さらに絞る方がニーズを絞れます

補助金 リフォーム 地名 高齢者向け シニアリフォーム 地名

ニーズを絞るというのは お客様をしぼるということ。 そんな怖いことできるかと言われそうですが その方が商売しやすいわけです。なぜかというとそれを求めて検索してきてるお客様だから。

誰もが見ててもアクセス数高くても反応がなかったら意味ないんですよ、メールや電話の問い合わせがあってはじめて成約への第一歩になるわけですから。

 

なんでもやれるは無能の証明 これができるというアピールが重要

なんでもできるのはなんでもできない人という理論お分かりですよね。

非喫煙居酒屋 塩ラーメン専門店

これができます。これなら得意です。 それがアピールになります。

ホームページもブログもカタログみたいに広げたくなりますが、絞った方が商売楽になりますよ。これなら負けませんそれがブランドです。

この記事の題名に戻りましょう

日記って自分の感想だけなんですよ。記事は読者を意識してかく文章。

読者=読んでもらいたい人=買って欲しいお客様 その人に向けて書くから記事になるわけです。ターゲットがなかったら売りたい人を作ればいいんです。

私ならブログの書き方わからない人やネット集客したいけど どうしたらいいかわからない人

イメージするだけでも変わってきますよ

[contact-form][contact-field label=‘名前’ type=‘name’ required=‘1’/][contact-field label=‘メールアドレス’ type=‘email’ required=‘1’/][contact-field label=‘連絡先’ type=‘url’/][contact-field label=‘コメント’ type=‘textarea’ required=‘1’/][/contact-form]