スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

市川海老蔵さんがブログに飽きたというニュースで考えさせられた事

前から気になってたんですよ

どんだけ更新するのかと

燃え尽き症候群になるかもなとおもてたら

案の定みちる(´・ω・`)

こういうテーストならツイッターの方が向いてそうな気がしますけど

記事を読んで考え方が変わった

市川海老蔵:頻繁更新のブログ「飽きそうだ……」 - MANTANWEB(まんたんウェブhttp://mantan-web.jp/2013/05/29/20130529dog00m200017000c.html

市川海老蔵、ブログの効果を実感!歌舞伎の未来のため… - シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0053246

代表的な記事持って来たけど 

同じ会見なのに見出しが違いますよね

悪意に考えるか 善意に考えるかで

話は変わってきますよね

毎日はアレで

シネマトゥディがアレということでしょう

具体的にいうと芸への造詣を感じるのが後者だよな

古典芸能をRespectしているので

ファンとの交流できないことを理解できてるから

そういう目線の記事になっているはず

毎日は取材コーナー自体が

芸能ニュースとしての目線だか

そういう方向に流れているということでしょう

どっちがいいととらえるかは個人の感性だけど

明るいところを見るような人種でありたい

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/





ブログパーツ