スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

おいしいラーメン屋を見分けるポイント


昨日のブログのの続きをしたい思います

あなたの売りたいものは何? とあるラーメン店の実例から考えてみる
http://ameblo.jp/sun-devote/entry-11549302360.html

飲食店経験あるんで嫌なとこも見てるので
その経験からの話題です

食材に能書きたれている店ほど
美味しくないんですけどねというお話なんですが
それだけではややこしいので

おいしいラーメン屋を見分けるポイントについて
お話したいと思います



ラーメンはかなり好き嫌いがわかれるので
全員に当てはまる話ではありませんが

1000円近く払って地雷を踏むのはいやなので
心の片隅にでも覚えておてくださいませ

一番いやなのがメニューが少ない
敷居を下げるかもしれませんが
売りがほしい

だから私は初めての店に行った場合に
かならずこの店のオススメは何?と聞いて注文します
悩んだ末のメニューがまずかったら自己責任だけど
選んでもらってまずいなら仕方ないから

店員さんとの距離も縮まるので
オススメです

ふたつめ店の内装や制服が黒くない
なぜなら汚れても目立たないから
焼肉屋はほとんど黒いのと同じ


3つめは食材をアピールしていない
利尻の昆布 薩摩の黒豚
普通の食材を美味しくするのが腕なんで
産地をアピールするのは筋違い
おいしければなんでもいいんだから


4つめおひやがおいしい
水道水そのままの店はあかん
店内は浄水器でも
飲料水はそのままな店多し

その5カレーがない
吉野屋のカレーの方が納得できる
ラーメン屋ではいらない
(うどんやそばには必要)


その6常に客がいる
美味しい店は変な時間帯でも
なぜか来客がある


その7行列がない店
ごく少数だがわざと行列を作らせている店がある

その8店にテレビがない
普通はいらないもの
店員のための場合がほとんど

その9いつも同じ人がつくってる
近所の中華チェーン店
曜日で味の格差がでかくて有名
中国人じゃない日は....


その10最後に会計

お金払ってごちそうさまというのがルールだけど
食券制は最後の余韻が楽しめない

まあこんな感じです
ご参考まで

他業界経験が豊富(飲食 販売 サービス 自営 ドライバー)
かつ多趣味なのでいろんな引き出しがあります

こういうパターンで公開していきますので
今後もよろしくお願いします







ブログパーツ