スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

真似できないのがブランド

最近のテレビは模倣番組ばかり

世界にいる日本人探しに行ったり 街をぶらぶらして食べ歩きしたり 小金稼ぎの芸能人がなんでも批判するニュースとか どんどん企画があんちょこになりつつある

そういう番組は全く見てないけど

まあ誰でも簡単に企画できから スポンサーも説得しやすいでしょうし

でもそれで未来があるんでしょうか

この番組面白いとおもうのは 予定調和じゃないことか こんな切り口あるのかとおもうことから始まっていくはず

高い料理が高級料理店ではないはず

世の中高いものには理由はあれど 高いだけの店なら繁盛してない

味はもちろんですけど その店にしかない料理 高くても来てもらう理由があるはず

あの店は安心できるし外さない そういう評判が信頼となっている それがブランドなんですよね

どんな店も評判にあぐらを書いていると おかしくなっていくもの

本当にテレビに出た店は荒れていきますよね 昔にくらべると紹介される店が増えたので それほど劇的ビフォーアフターではありませんが

創業何百年という老舗店が生き残ってるのは 残すべき所は残し 変えるべき所は変えているからだけど オリジナリティがあるからこそ残ってきている

WEBでも同じこと コピペしてもブランドにならんわけですわ

私も飲食業 販売業 サービス業 自営業 営業 ドライバー ビジネスコンビニ店長など いろんな業界の経験してきたので どんな話でも合わせれるし 批評できる力はあります

その視野の広さと活かした分析力と 広く深い知識でWEBをナビゲートする お客様のサポーターといっても全く説得力ないでしょ

だからどういう考えを持っているかを ブログで伝えているわけでございます

どういうブログにしようか走りながら考えた結果 自分のブログでの成長を伝えていくことが ブランドになると考えたました

こういう人なら安心して任せられる それが信頼であってブランドですよね

プロの目線でブログのアドバイスしますと言ってる人が 毎日ブログしてなかったら信頼は得られない それが自分の考える視野の広さというものですわ

いいね!が多い 読者が多い 一つの尺度であるとはおもいますが それがすべてではないはず

そう信じて走っていきますわ まとまりがないブログと言われそうですが 打たないシュートは入らないので 今は打ちまくります

たとえ今は小さい太陽ですけど