スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

店頭での箱売りサービス停止 米アドビ クラウドに移行

ついに来るべき時が来ました


店頭での箱売りサービス停止 米アドビ クラウドに移行 - SankeiBiz(サンケイビズ) http://www.sankeibiz.jp/business/news/130618/bsk1306180503001-n1.htm 

米ソフト大手のアドビシステムズは18日、パソコン用の画像処理ソフ
ト「フォトショップ」など主力製品の店頭での箱売りをやめ、
インターネット経由で最新版を使ってもらう「クラウドサービス」のみでの
提供に移行する。月額制で利用料金を徴収する仕組みだ。

契約すると、日本では18日正午から最新版のダウンロードが可能。
旧バージョンのソフトは店頭在庫限りとなる。これまでにパッケージ製品を
購入した人は引き続き使用できるが、バージョンアップはなく、
新しい機能は提供されない。

 企業ではデータ処理などでクラウドサービスの利用が広がっているが、
個人向けなどのソフトでも、本格的なクラウド移行が進み始めた。

アドビがクラウドでの提供に絞るのは、フォトショップや、画像作成ソフト
イラストレーター」などがセットになった「クリエイティブ・クラウド」の最新版。

箱売りは約33万5000円だったが、個人の新規利用は月額5000円
(年間契約)から。以前のバージョン利用者には割引プランがあるほか、
単体ソフトだけの割安な契約もできる。

 同社はこれまで箱売りが主力。しかし、多様な情報機器の普及など
IT環境が急速に変わる中で、従来の更新手法では必要な機能の追加が
追いつかなくなったという。マーケティング本部の福井恵本部長は
「箱売りをなくすのは大きな決断だったが、時代の必然的な流れだ」と強調した。

有料のクラウド版は昨年5月から提供、世界で延べ50万人が利用しているという。
 ソフト業界では、マイクロソフトも主力業務ソフト「オフィス」のクラウド化を推進。
箱売りからの移行が今後も進む可能性が高い。

CS(Creative Suite)→CC(Creative Cloud)か

さっきFM802のニュースでもやってたので 
大きなニュース扱いなのが驚きだった

デザイン会社とかWEB制作会社とか印刷業界の影響はでかそうだけど
知らん人は全く知らん世界なので少し解説

ようするにパッケージ販売撤退なんですわ

IllustratorPhotoshopが含まれている
WEB業界と印刷業界では必須のソフト
アメブロカスタマイズでも使ってますし
ホームページでもよく使います
お高いんですけどね

そのソフト数年に一度販売してたんですけど
毎月定額制にするからネット回線通じて
デザインソフト使ってねと言うお話

ドライブ無いパソコン増えてきてる 製造が追いつかない
CDもネット配信に変わって来たなど時代の流れにしてるけど 

これは安定収益の確保と顧客満足を兼ね備えた妙案かもしれん

33万が5000円 短期しか使わない人はお安くなるわけだよね
最新版を使いたいときにどこでも気軽に使えるわけだし

OSへの対応遅れる場合もあるし
あげなくていいアップデートも多いですけど(白目)

これでアドビさんもさぞかし開発頑張ることでしょう

追記

定期収入が入るビジネスは売上が読めるから
動きやすいですよね

洗車の時もそのひらめきから定期洗車というアイデア
生み出しました

このビジネスにもそういう目線を考えて見るとしましょう




出逢いに感謝





ブログパーツ