スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

実名であればフェイスブックの方がいいのかもしれないが.....

昔から芸能人のツイッター
メリットあるのかを考えたことある

こういうことが度々あるから

ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子が挑発ツイートに過激な発言
 「フォロワーが3人しかいない」「そんなんだから友達がいないんだよ」

http://news.livedoor.com/article/detail/7801762/

 

 

わざわざ下手に落ちてくる必要があるのかと
ブログで近況報告くらいでいいとおもうんですわ

 

どこどこ行きましたとか
○○さんと会いました的な
一般人と距離はあっていいと思う
というか距離はあって欲しい

 

まあファンを増やしたい芸能人は身近に感じられるツイッター
活用しようとしてるんだけど
実名であればフェイスブックの方がいいとおもうんですよね

 

基本的に相手も実名だから それほどトラブルは起こらないはず

 

ツイッターはフォロワー0人でも有名人に絡んでいけますから 

捨てカウントでアタックしに行く方も多いんでしょう

 

たまに実名わかるようなアカウントでツイッターしてて
飲酒運転なうと人はいるけど ツイッターは匿名でも問題ないし
匿名だから本音でしゃべれるもん


でも距離感あるブログでも自分は名乗ってしまってる

先ほど毒あるブログ記事書き終えたけど

アップする前にやめてしまった

匿名なら暴走できるけど そうはいきませんから イメージというものもあるし

ITサポーターとしてのブランディングには必要ないですから

そのイメージというもので

フェイスブックを使うことを躊躇してる

何が問題かというとfecebookでのキャラ設定問題

 

 

 

 

ビジネスライクでいったら友人にマジメかと言われそうだし 
あまりフランクになりすぎても

ビジネスマンとしてどうなのって思われそうだもん

 

見られることを意識すれば

現状ではある程度距離あるブログでいいとおもう

 

フェイスブックはブランド作った後でいい

新規集客向きではないと考えてます

あくまでも名刺代わりであって

誰でも見れるものではないから

顧客や有る程度関係ができた人を友達申請して 

仲間内で盛り上がる感じじゃないでしょうか

フェイスブックに気合い入れたら

モルダー あなたは疲れてるのよと言われそうやもん

でもそれは個人実名の場合だけ

店名とかブランド名だと話は違ってくる

フェイスブックSEOの効果はすごいですもん

個人店の宣伝として使わない手はない

その辺から初めていきますか