読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

ホームページ導入への考え方




今の時代 ビジネスにホームページは必要という声は多いですが
本当に必要なんでしょうか?


高額費用をかけてホームページを作ればかならず成功するというものでもありません


昨日の記事のように フェイスブックで行動を語り
ブログで想いを語れば ブランディングはできるはず


信用のためにホームページがあって当然だからと作るのは
かなり危険ですね

会社案内ありきでつくることになってしまい
カタログをホームページに載せるだけということもよくありますから

要するに○○文化センターと同じように
立てることだけに集中してしまい立てた後の維持費とか
どういう運営するかということを考えてつくっていない
メンツだけの箱物と同じです


あなたが例えばあるイベントの主催者になりました
移動式の食品販売店を呼ばないといけないことになり
困ったあなたはネット検索します

その時 移動販売車とかイベント販売 
でネット検索しますよね

どういう店があるかわからないから
店名で検査することはマレ

でもホームページで
店名だけ語ってても伝わらないですよね

現在とある移動販売運営会社の
WEBプロデュースをしているのですが

ブランドとロゴ推しでして



大阪のクレープ販売店 移動販売車 
という言葉をいれておかないと

検索にひっかからないのに
店のロゴやブランド名をアピールするひとが
いかに多いことか

タウンワークの求人でもそう
ロゴ入れるとかっこいいと思う経営者が本当に多いんですが
それをするならPR文章を入れた方がマシなのに


全国的に有名な会社以外ロゴは入れるべきではないです
あなたが考えているほど知られてないですから



大阪 クレープ販売というキーワードを入れたブログをメインにして
リアルタイムでフェイスブックを更新しどういう場所に出店しているかを紹介

これだけで検索される確率があがるわけです


どれだけいい商品でも新しい商品は
CMやキャンペーンをしないと伝わらないもの

チラシ配ったり 営業したりするのが現実世界

インターネットのホームページでも
箱物つくっただけでは伝わりません

ネットでも販促しないと絶対に伝わりません


ネットもリアルも同じなのに
なんでネットだけサマートな感じがあるのは
誰の責任だろうか

さっきのクレープ屋のオーナーに話ししたんですけど

WEBが大事なことはわかってるけど
なにしたらいいかわからないと質問されたんですよ

あなたの店のウリは
どういう活動しているのか
価格はいくらか
出店実績はどうなのか

これは最低必要というと
驚いてました



ようするにホームページは24時間働く営業マンです



新しいお客様はホームぺージという名刺でしか
情報をえられないのだからそのネットでこの会社はちゃんとしてる
仕事が見えるから安心だわという名刺じゃないと


それを伝えるのがWEBですよ

メリットがないと問い合わせ来ることはない



接客スキルとセールススキルを持った営業マンの
顔が見えるホームページやブログじゃないと
どれだけいいサービスをしてても伝わらないだけです


ホームぺージはコンセプトがすべてです
差別化しないと単なる価格競争に巻き込まれるだけ


だから立ち上げる前にブログで反応さぐっていけばいいんです


私もここでブランディングしてますもん
差別化するためにね

---------------------------------------------------------------


ブログ何書いていいとか
自分ひとりだとわけわかならくなることもあります

そういう時はお気軽にご相談下さい

ブログやホームページをどういう風にしたらいいか
内容分析して 無料でアドバイスさしあげます

悩んでいる人はぜひこちらまで


無料相談はお問い合せはこちら


疑問点やご質問などあれば 下記リンクまでお気軽にお問い合せ下さいませ
匿名の質問は随時ブログで解答させていただきます