スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

納期が早くなることは嬉しい誤算だが 遅くなったとたんそれは大きな失望に変わる

先日ネット通販である商品を買ったんですよ
仕事で使おうと思って

早く商品が欲しかったけど
銀行振り込みで3から5日

代引きもあったので

少しでも早いと思われる代引きを選択

自動返信メールが来た後に
納期連絡が来た

急ぎでほしいと明記してたので
メールに納期が書いてあった

今日発送は無理ですが
明夕に発送するので
7日に到着しますとの連絡があった

5日夕方に注文したので
2日で来るのかスゲー
頑張ってくれたんだなとおもった

でも6日の発送メールを見ると西濃運輸
この時点でイやな悪寒

相手は九州
ゆうぱっくならギリギリ間に合うけど
西濃では翌日配達無理やん

昔の仕事関係で大阪エリアの宅配納期は大体把握してるから

詳しくネットで検索すると
ゆうぱっくは翌日午後OK
西濃運輸は翌々日

やっぱりね

最初から到着が3日後という案内があれば
ナンノコレシキの問題もおこってない

7日に到着というメールが罪作りなわけで
一度期待させた後の失望の罪はでかい

ビジネスで一番大事なことは
絶対に納期を守ること

その意識が希薄ではいけないんだけどね


自分にも言い聞かせますわ

とりあえず納期確認メール送ったので
その顛末は後日にお伝えします

さてどうなりますやら