スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

商売の本質を忘れてませんか?

毎日ある理由で多くのアメブロやホームページを見てるんですけど ビジネスとしてやっている人に戦略考えてない人が大杉だなとおもってます

自分はそれをこのブログでまだあえてやってないんですけど おわかりでしょうか

それは自分の仕事を魅せる意識がないこと

昨日ブログで話したように顔がみえないと買わないもんですが 商売とは自分ところのなにかしらのモノを売ることです それを意識してない人が多い

デザインがキレイで買う訳でもない

お客様がホームページやブログを見るのは数秒の世界 自分にとって役立たないページなんてすぐ立ち去りますもん

デザインは関係ないということ

購入するお客様にとって大事なのは この店は自分にとってどういうメリットがあるのか ということ

よく飲食店のブログでありがちなんですけど 子供の成長とか みるもんにとって全く興味はない

今日の日替わりメニューはこれですとか まかないこんなんつくってみました

それが商売につながる訳ですよ

それがビジネスブログ そうでないのは単なる日記です

もうひとつは問い合わせのしやすさ

画面上部に電話番号か 問い合わせフォームがほしい 迷惑電話が多いから電話はオススメしにくいけど

これがないページは目的意識を果たしてないわけです 興味もってもどこに問い合わせしたらわからんというのは もったいなすぎる

いろんなことで集客しても 商売とずれたら意味があるとはいえない

集めるべきは自分の商品を売りたい見込み客 ある程度賑わいは必要だけど関係ない人は単なる野次馬だもん

飲食店の場合 グルメな人を集めることが売上の鍵ですよね

自分の場合は ブログやホームページを作りたいと悩んでる人

だからそのテーマに応じて 戦略的にブログを毎日書いてるわけです (多少のぶれやきまぐれはありますが)

自分も飛び込み営業とか テレアポしたことあるけど アレは体力も精神もやられてしまうものだし非効率ですもん

それは前近代的な狩猟的営業

売れても後で批判ある可能性大だし

だから自分でブログで見込み客を育てる農耕的営業を行ってます その中から欲しいというお客様を捜す方がお互いにメリットありますもん

欲しいというお客様を捜すためにブログで情報提供しているわけです

ようするに見込み客を集めることそれがマーケティングですよね 費用もかかってるわけではない

売るというセールスはお互いのコトをがわかってからですわ

だからブログで露骨に商売してはいけないわけです

まずは買いたいとおもってる人を集めることからではないでしょうか