スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

本当にホームページは必要ですか?

 
 
ホームページを造らないと時代遅れですよ
ネットからの注文で売上上がりますよ
 
勧誘する営業電話多いこと


 
たち悪いのがお客さんの振りして
電話来る場合がある


 
自分でつくってますというと
すごすごと引き下がりますが
 


メールでの問い合わせも多いです



インターネットでホームページつくると
楽して儲かると聞いたんですがと


 
もちろん丁重にお断りします



 
それやったら誰でも儲かってるやん
 
 
 
ホームページの高額リースして泣いてる人もおるのに
 



普通のホームページはSEO検索エンジン)即効性ないですし
自分で書きたいときに更新できないのが大問題



 
しかも自分で文章を考えないと行けない場合が
ほとんどでございます
 
 


自分の店の売り=アピールポイントがなければ
ホームページではなく単なる商品紹介のメニューになってしまうだけ
 


メニューではアピールにならないわけです



ホームページ制作会社が教えてくれるんじゃないのって?



深く考えて話す人は少ないですわ
作ればそれっきり縁遠くなったり
文字修正するのにさらにお金が必要となったり




 
ホームページつくるのとWEBの集客って全く畑違いなので
全然理解できてないことが多い訳です




だからメニューになってしまうわけです
 


ホームページ制作会社のありがちなパターンでは
ホームページで○○様のブログ作成しました
 



おおすげー外野から見るとこれで売上上がるとおもうんですよ
他の人も申し込んでいるから安心だわと
 



でもそのホームページ会社ブログやってますでしょうか
そこから集客してはるでしょうか



それをしてなくてブログ集客というのがおかしいわけです
 




実際の商売とホームページは違うもんですわ
 
 
両方やってるから身にしみてよくわかります
 



 
こんどまた深く掘り下げますけど
ホームページをつくることにおいて
パソコンスキルって関係ないんですよ
 


 
段取り八分仕事二分というように
 
 
 
 
自分の店のよさをつたえるにはどうしたらいいのか
どういうお客様に来て欲しいのか
なぜこの商売を始めたのか
 
それをノートに書き出すことから始まります
 


それをふまえてホームページ制作するのが王道なわけです



 
私はそういうことをノート代わりにこのブログで書いているわけです
仕事への思いとかこういう脳みそ持っている人ですよ
ということを明らかにするために
 
 
 
 
その反応やアクセスを見たりしていくことで
このブログをちょこちょこ作り替えてるわけです
 



ようするに公開ネットマーケティングなんですわ
 
 
 
 
机上では何もわからないし
行動すれば何かしらの反応ありますもん
 
 
 
 
ホームページでは反応よくないのは
自分も知ってるので
 
 
 
 
いろいろ思ったことをそのまま書いているわけです
 
 



顔が見えないモニター越しの誰かに向かって
自分の想いを書いていくだけです
こちらは顔を公開しながら
 


 
 
 
アクセスあっても読者数多くても
注文とか売上とか来客に繋がらないと
意味ないことは肝に銘じてます
 



 
カリスマアドバイザーにWEB集客おまかせ下さいといっておきながら
ブログ更新してない人とか ランキング出してない人には
絶対に負けたくないですけどね♪
 
 



いきなりホームページやるのなら
まずはブログで毎日いろいろ書きなぐってみることをオススメします



 
自分の脳内を公開することが恥ずかしいって?
あなたのブログなんて誰も見てないですよ
 


 
有名じゃないんだから
見るべきものがないブログだと
誰も見てくれません
 



それを見て貰うようにするのがアドバイスするのが
私の仕事でもあるわけです


 
 
とにかくやってみないと何もわからないから
気合い入れてブログを毎日書くようにしたら
何かが変わって来ますから
 


騙されたと思って
10日くらい毎日書いて下さい 世界は開けてきますから