読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

ブログ記事を書くネタに困った場合どうすればいいのか?

ブログやってて良く聞かれます よくネタに困らないですねえって

質問の意味がよくわかりません 自分が趣味でやってる内緒のアメブロ 2005年から書いてますけどかけなくて困ったことはないです

息をする感じですね ぶっちゃけ習うより慣れろです

そんなんわかるかといわれそうなので 今回まとめてみます

とりあえず困ったときに使うブログネタランキング とやらをネットで見つけてきました

10位から

10政治のニュース 9芸能界のニュース 8読んだ本やコミックの感想 7音楽の感想 6今日買い物したもののメモ 5お勧めした製品サービス 4気になってる製品サービス 3見た映画テレビ番組の感想 2今日食べた料理の感想 1今日体験した出来事

これのネタでブログ書くのはやめて下さい

どうしてかって?

皆さんがこのブログを見に来ていると言うことは ある程度野心の有る方でアクセスアップしたかったり 読者数増やしたいビジネスブログであって 完全に趣味のブログじゃないですよね

さっきのランキングはおそらく趣味のブログです

あくまでもビジネスブログであれば 自分の得意なことを書くべきです いや書かなければなりません

食事や今日したことを書くことは 野心の無い方がブログでやることです

みんながやるとういうことは その他大勢と同じコトをしているだけ

はたしてそれであなたのブログが差別化ができますか?

他のひとと少しでも違うことをするのが差別化です

お取引のある会社にいって 会議室で少々お待ち下さいといって 受付の人がブースから出て行ったときに 自分は立って待ちます

どうしてかって?

お座りになってとは言われてないから というのは嘘で自分はお客様ではないから

営業マンと来客は違います

だから自分は立って待ちます 担当が来るとだいたい慌てます

立って待ってたんですかと言われるか お座り下さいと言われるか 変な人と思われるか

どっちにしてもほんの少しの差別化ですけど 精神的に優位にたてるの おわかりでしょうか

で本題に戻ります

お前たまに趣味のネタ書いてるやんというツッコミがあるでしょうが 仕事ネタばかりでは面白くないでしょ

新聞のテレビ欄とかレジャー面みたいなもんですわ

あくまでも刺身のネタ切れの時の刺身のつまです

ビジネスブログならその比率は7:3を超えたらダメでしょう もちろんいいたいことが7 趣味とか雑感が3

もしあなたに野望があるのであれば 自分のブログの題名してることについて書くべきです

書きにくいなら書きやすいブログ題名を変えるべきですね 自分が得意じゃないことを書いていくことはできませんから

個人ブログの場合は話は少し異なりますが 根本は一緒 自分のことを恥ずかしがらずに書くべきです

どうせ誰もみてくれてませんから せきららに書くべきです

圧倒的に差別化しないと ビジネスブログ同様ブランドはつくれませんから

じゃあ個人ブログは何を書けばいいのかって その話は明日にでも

あとがき

絶対にブログで書かない方がいいのが 政治と野球と宗教の話

知らん間に敵を作る場合があるので

ヤフーコメントとかで フェイスブック実名で批判ツッコミにいってる人は ほんまにすごいなーと遠目で思てます

お気を付け下さいませ