スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

インターネットは、「世界」ではない どちらかといえば、「部屋」に近い

小田嶋さんのコラム好きなんですけど
あまりにも。 目から鱗だったので
このコラムを軸に話してみる

バイト君の愚行とオトナの炎上
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20130822/252525/

ようするに今話題のツイッター投稿のアレです
シニカルなコラム書くお方なので 自分大好きなんですわ


この文章がココロに突き刺さったわけです

自分の手で直接に触れることのできる世界より外側にあるより
広い世界にはそもそも興味が無いのかもしれない。

彼らにとってのインターネットは、「世界」ではない。
どちらかといえば、「部屋」に近い


要するに部屋の中での写メ感覚で
連絡ノートにはった写真見せ合う感覚で
ツイッターにアップしたわけですよね


このブログで書いてた自分の観点がずれてなくてよかった


問題は次の文章

インターネットの普及で、最も大きな恩恵を受けたのは、
クレーマーとカルトと変態だと思う。(省略)

いや、悪口を言っているのではない。
私は、インターネットが本来連帯できない人々のために
足場を
提供したということを言おうとしている。


コレ読んで震えた
小田嶋隆さんマジでコンサルできるw

自分がこれでああと思いだいしたのは
東芝のビデオ修理クレーマー事件

ビデオ修理クレーム事件で東芝が全面謝罪 - ニュース - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/077/77521.html

もう14年前なのか!

これでネットスクラムメディアスクラムの反対)
平たく言うと電凸祭りができたように思う

修理のトラブルで暴言いわれたユーザーが
電話のやりとりをネットに公開
それに同調した他の人々も東芝に対して
避難が殺到したという話


インターネットが無ければ クレームの足場が
組めなかったわけだ

で今の時代 

部屋感覚で公開した写真をわざわざRTで拡散したり
会社とか身元調べてるのは誰?
○○で騒いでいるのはなぜ?


うわーTRAIN TRAINのメロディーが止まらない


インターネットは世界ではなく 部屋なんだよね

部屋だけでは何も始まらないわけだ
そこから出て行かないと

いかにリアルと連動させていくか
これからの成功はそこにかかってる

情報起業とかメルマガもアレでしょうね
リアルがないと何も繋がっていかない

積極的に街で攻めるようにしますわ