スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

一日も早く起業したい人こそ最初に確認しておくべきこと

先日知り合いAさんがとある会社を立ち上げました おめでとうと言ったんですけど

それでええんか?と唸ってしまうことがあったので ここで紹介しておきます

とある飲食サービスなんですけど 問題はその名前

ネット検索してみると 全然でで来ない

出てくるのは商売敵の店ばかり しかもホームページにも同じ名前のサイトがあるんですわ 出会い系サイトまで

Aさんは別に気にしてない模様 会社名はちがうから問題ないでしょうと

違う違うそうじゃなーい(マーチン風)

例えとして名前使いますけど  理想実業って会社しってはります?

正解は奈良県に本社がある神座というラーメン屋をやっている会社

例えば話を聞いて店舗行く時に検索するのは 理想実業ではなくて神座

ブランドが浸透してるから理想実業でも通用しますけど

自分はどんなサービスでもまず名前ありきだと思うんですわ

例えば成功して知名度上がった時に 他の会社から商標権でつっこまれたらどうすんだと

浸透してきた名前を変更しないといけないのはもちろん 備品や看板 消耗品 ユニフォームまで全部 作りなおさないといけない可能性もあるわけでございます

数日前から 加護亜依さんが名前でトラブってますよね 本名なのに前事務所が商標名が登録してるとか

これは新加勢大周のように新加護亜依でいかない とあかんかもしれないわけです

商標名を公の機関で検索しなさいとはいいませんが グーグルなどでネット検索して使われていないかどうか 確認しておくべきということです

同じ名前があれば検索も不利だし ドメイン名も取れない可能性も高いです

商売するつもりはないけど ホームページとかドメインのことを聞くと フェイスブックでいいからと

間違っていないけどSEO的に弱いとか 新規顧客の開拓にはフェイスブックは弱い という説明をしてブログ作ったんですけど

商売の売り込みしかしてない 毎日更新してるけど ランキングあがってきてないわけだ

しかもフェイスブックとブログ同じ原稿あげてるし このブログで以前に書いたんですが

フェイスブックは写真中心でリアルタイム更新 ブログは後付で起業した思いとか  当日のエピソードとか

書き分けない多面的に伝わらないと説明したんですけどね

仕事ばかりでは読み物として面白くない 今日の昼飯とか子どもとプールとか 書く必要ないけど 商売の裏側とかうんちくとか 自己紹介とか 書くことあるんですけどね

Aさんがしている商売は ○○○なので 名前を売っていかないと 次の段階が見えてこないから 顔を見せる必要あるんですけどね

最近自分はお客様と合う時には その人のブログやフェイスブックをむさぼり読んでます

ブログは本当に人柄がつかめるし 話の展開口が探しやすいから 世間話の中であれほんまですか? と聞くと 悪い反応する人はいないですわ

敷居も低くなるし

やっぱりネットストラテジー=ネット戦略を パソコンが得意ではない個人起業家にアドバイスすることは 自分のライフワークになりそうです

これどうしたらいいの? どうしたらアクセス上がるの?   ブログ相談は受け付けてますので なんなりとお問い合わせください

素朴な疑問はメッセージでもコメントでも構わないので お気軽にお問い合わせくださいませ