スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

外食にワクワクしなくなったのは 大人になったからなのか それとも....


今日マクドナルドの前を通過したんですが
寒々としておりました 

まあ伝説の少女台風崩れ雨の影響はありますけど
月見バーガーの初の週末だったよね

近くのミスド100円セールにやられた感はある

いやそれともお願いランキング上位独占のガスト?
ロイホの居ないランキングなんて(震え声)


家食 外食 中食などいろいろあるけど
胃袋としてはライバルだからねえ

だれでも食べる量は限界がある
陣取り合戦なので仕方ないよね


月見バーガーのポスター見てて
あることに気づく


昔のマクドナルドって夢のお店だったよね

貧乏な家だったので 堺東に映画行くときしかいけなかったんだよな
(わが町堺随一の繁華街だけど 今はもう><
コブクロが路上ライブしてた商店街)


ビックマックとマックシェイクは映画と同じくらい楽しみだった

あの四角い発泡スチロールのマックの入れ物
意味なく保存してたりしてたもんね

店に行くこといや前を通ることさえ自体憧れだった
その銀座東映パラスも潰れてしまったけど
堺東のマクドはまだ健在と判明して涙してる


マクドは思い出フィルターありすぎなんだけど
30年前って外食自体レアでしたよね

ファーストフードも多くなかったし まず専門店がなかったはず
ファミレスとかデパートのレストランがメインだったよね

気がつけば 専門店だらけ 
弁当屋も増えた そしてコンビニエンスストアも増えた

そして胃袋競争が激しくなり価格も下落
デフレ時代が始まっていったわけだ
マクドも60円とかやってたよね

で価格競争でぐちゃぐちゃになっていったのが今の外食産業


もはや外食にロマンもなにもないよね
テイクアウトとかデリバリーで
もう境目がつかなくなってる


外食に夢があったのは希少性でしょう


今のあこがれは ガストのオムライスうまそうやん
だから行くか とういう意味であって
消費するだけなんだよね

家で食べれないものを食べに行く
その行為があこがれであったわけだ

でもテイクアウトすれば問題ない


マクドナルドのハンバーガー買わなくても
山崎パンの105円ハンバーガーで問題ないのも事実

そしてマクドも宅配するという事実
もはや境目はどこにもない

そういう意味で外食産業ではに完全に小売業でしょ
スーパーもライバルになる

スーパーのスケールでは外食産業は勝てない

外食は値段以外で優位性作らないと
中食に吸いこまれていくだけやろうね


どこか始めませんかね 
外食でしか食べれないものを出す温かみのあるお店
学校給食を出すお店のように 
昭和のファミレスとか 
喫茶アイドルみたいな紅茶のおいしい喫茶店とか
ナポリタンもその延長線上でしょうね

家で食べれない料理と愛情
差別化のヒントはこのあたりにありそうです





追伸

そういえば堺のゲコ亭おわってしまいました

後継者はフジオフードシステムか
さてどうなりますやら


銀シャリ屋ゲコ亭 9\5オープン