大阪堺のデジタルサポート サンデボーテ 

スマホや家電購入サポートやブログ運営サポートを生業としております。

ブログという形での自分の歴史アーカイブ


前にも上原投手のブログを話題にしましたが
今日もその件でブログスイッチが入ったので
ご紹介します


上原投手は毎日ブログを書いています

koji-uehara.net
 http://www.koji-uehara.net/all.html


投球の内容まで書いているのが
最大の特徴

そのきっかけを以前話していたけど
先発しなくなって日本のマスコミの報道の扱いが減ったから

ダルビッシュみたいに先発したら
取り上げられる機会あるけど

中継ぎまでニュースで取り扱われる機会は多くないですもんね


配球とか確認出来るし
そういう意味ではアーカイブになってる

もともとブログってWEB LOGのこと
ネットのまとめということだから
日記という使い方が起源である


私も某私的ブログは8年目だけど
見返すとこういうことあったよね
と涙出てくることがある

フェイスブックには年表あるけど
ブログの情報量にはどう逆立ちしても勝てない

かけば書くほど見返りがあるのがブログ

ブログ書く理由の一つとして
アーカイブするために書くというのは
いかがでしょうか?