読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

知らない分野に興味を持つのきっかけ  見聞を広げる方法

昨日のネットは視野が狭くなるというはなしの続きなので
まずこれをお読み頂くとわかりやすいです


『インターネットは限られた視野という考察』
 http://amba.to/1bGGf5b


視野を狭くしないために
情報は貪欲に入れていきましょう
と言う話ですが


自分が意識しているのは
定期的に街の本屋にいくこと

目的を持たずに店内を散策するのです

女性誌なんて興味ないけど
表紙の見出しとかで
気になったら手に取る 
そして買ってみる

それだけで見聞は深まります

見聞の意味をひいたら
見聞は深めるではなく広げるなのか

これも生きた勉強



人が他人にリアルな感覚を話せるのは
噂話ではなく自分が見聞きしたはなしだけ


しかし人間ひとりだけでは 
行ける範囲も限られるし 限界がある


本屋はトレンド情報の展示場でもあります
売れてる本から世の中を想像したり

街のウインドーショッピングから
流行り物をみつけたり


先の見えにくい世の中
見たり聞いたり体感することで
想像力 観察力 分析力をフル活用し
視野を広げることは
自分以外の他者目線の先読みに繋がる


ネットの検索は自己の脳みそからしか命令出てないけど
本屋や街での出逢いは予想外というか 
ある意味受け身でしか選べない

それが情報のシャワーとなって
新たな刺激になると考えてます

パソコン前でくぐっても
斬新な発想は浮かびません

さあ街に出て情報のシャワーをあびましょう!