大阪堺のデジタルサポート サンデボーテ 

スマホや家電購入サポートやブログ運営サポートを生業としております。

誰かのために戦うものは強い

昼休憩の時にひるおび見てたわけです

最初はジャイアンツ優勝してたら 何を放送してたんだろうと 思てたわけですわ

震災からの歩みということで お得意のパネルを使って 説明してたわけです

震災当日明石球場で試合してたけど 試合中断して終わったんだなあなど いろいろ思いだしてた

直後ひるおびで放映された4/29の本拠地開幕試合の 嶋選手のスピーチ映像見て号泣

4/2の札幌ドームのスピーチ

今、スポーツの域を超えた野球の真価が問われています。見せましょう、野球の底力を。 見せましょう、野球選手の底力を。見せましょう、野球ファンの底力を。共にがんばろう東北。

見せましょう 野球の底力を あの当時はこちらもいろいろあったのでそれしか覚えてない

くぐってみた

嶋選手会長のスピーチ(2011/4/29) 本日は、このような状況の中、Kスタ宮城に足を運んでいただき、 またテレビ、ラジオを通じてご覧いただき、誠にありがとうございます。 この球場に来る事が簡単ではなかった方、ここに来たくても来られなかった方も 大勢いらっしゃったかと思います。 地震が起こった時、僕たちは兵庫県にいました。 遠方の地から家族ともなかなか連絡が取れず、 不安な気持ちを抱きながら全国各地を転戦していました。 報道を通じて被害状況が明らかになっていくにつれて、 僕たちもどんどん暗くなっていきました。 その時の事を考えると、今日、ここKスタ宮城で試合を開催できた事が信じられません。 震災後、選手みんなで『自分たちに何ができるのか?』、『自分たちは何をすべきか?』を議論し 考え抜き、東北の地に戻れる日を待ち続けました。 そして開幕5日前、選手みんなで初めて仙台に戻ってきました。 変わり果てたこの東北の地を目と心にしっかりと刻み、遅れて申し訳ないと言う気持ちで 避難所を訪問したところ、皆さんから「おかえりなさい」「私たちも負けないから頑張ってね」 と声を掛けていただき、涙を流しました。 その時に何のために僕たちは闘うのか、ハッキリしました。 この1カ月半で分かった事があります。 それは 誰かのために闘う人間は強いと言う事です。 東北の皆さん、絶対に乗り越えましょう。今、この時を。 絶対に勝ち抜きましょう、この時を。 今、この時を乗り越えた向こう側には強くなった自分と明るい未来が待っているはずです。 絶対に見せましょう、東北の底力を! 本日はありがとうございました

これはあかん><

下の方に参考資料でおいておきますけど 言い切ったことでかなりのプレッシャーがあったと思う

選手会長でもあるしチームの要であるキャッチャーでもあるし 逃げ道がなかっったはず

とてつもないプレッシャーを乗り越えた上での 優勝だったわけだ

情熱大陸でもおもたけど 明らかに顔が変わってきてた マー君さんもいうてたけど 野球の神様はいると思う

願わなければ叶わないだけだ

これもあかんやつや><

この場面だったらこう言われただろうな 怒られたことが理解できた

これS1だとおもうけど これは映像で見たいわ

優勝チームに名捕手あり キャッチャーは大事

その目標があったから戦えたんだよね....

やっぱりスポーツはドラマよりもドラマチックだわ

VIA

Active Human list 8  東北楽天ゴールデンイーグルス 嶋基宏さん http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h23/65/active.html

今だから言える…嶋スピーチによる重圧「優勝で救われた」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/27/kiji/K20130927006697400.html

「ファンは一番優勝を望んでいる。逃げたいと思ったこともあった。しんどいと思うこともあった」。 チームが低迷時には、「おまえが底力を見せろ」とヤジが飛ぶこともあった。 あれから2年半がたち、やっと被災地のファンに優勝をプレゼントできた。

 「(震災から)長いようで、短くも感じた。ただ、長く感じた理由は それ(スピーチによる重圧)があったから。でも、きょうの優勝で救われました」。 優勝したことで、被災地に本当の勇気と元気を届けることができたと胸をなで下ろした