スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

忙しいとは心を亡くすこと  心を亡くすと書いて忘れる


先ほどとあるブログ読んでたら
溢れてる忙しいという文字

それであるお坊さんから言われた説話を思いだした


どんだけ余裕がなくても
忙しいといったらあきませんで

忙しいという漢字は 
心を亡くすと書きます
(りっしんべんは心という漢字が元)

心を亡くすことはもはや人間ではありません

忙しいと連呼することは
自ら首を絞めているようなするようなもの


仕事や用事などの頼まれごとが生活ができる
ことに感謝しないといけませんよ


なるほどなとおもった

仕事は段取り八分というように
準備したり 考えていれば問題無いわけです

自営してる人は経験あるとおもいますけど
仕事が入る 問い合わせの電話が電話がなることは
とてつもなく嬉しいことなんだから

習うより慣れろ 

仕事は数をこなすことでしか
身につかないといおもってる

だから来た仕事はやりますの二つ返事で受諾して
壁にぶち当たっていくことでしか
能力は伸びないし 成長もしない

練習はいつまで経っても練習だから

だから心がまともに存在しない
忙しいという言葉は使うべきではありません


ありがとうございますという
嬉しい悲鳴でいいわけだ



さらに忘れると言う言葉も同じ意味ですよね

興味あったので語源をひもとくと
下に心あるから下心のようです


したごごろとは心の上に何かをのせるという意味で
自分の意志でこうするということを表します

志っというのは士=大人になる 士官になる
という気持ちをもつこと

忘れると言うことばは
自分で心を失うという気持ちになること

りっしんべんは寄り添うという意味なので
外部要因で心を亡くすのが忙しいということなのか


漢字一つでも意味は深いもんですね


自分の限界は自分で決めるべきじゃない
壁を乗り越えることで世界は変わる


心を亡くさないように気を付けましょう


T30

励みになるので
応援お願います


にほんブログ村


サンデポーテは ブログで集客を考える小さな会社の同伴者です。

ブログ集客にご興味やご質問などあれば 
下記リンクまでお気軽にお問い合せ下さいませ
匿名相談もOKです
(匿名相談はブログで解答させていただきます)

ブログ相談箱はこちら
http://form1.fc2.com/form/?id=772394