スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

三種の神器が気になりはじめた件について

天皇陛下式年遷宮ご参拝するニュースをみてて

あるニュース原稿を聞いて引っかかった
 
 
伊勢神宮に宿泊し 翌日は内宮と下宮に参拝されます
え! 泊まるところあるのかと心にフックが突き刺さったので(定期ポスト
ニュースを真剣にチェックしてたら
 
こんな話が紹介されていた
 
 

 天皇陛下伊勢神宮ご参拝に伴い、20年ぶりに実施された「剣璽(けんじ)ご動座」。

 戦後は警備上の問題などから大幅に回数は減少、神宮参拝に限って行われている。

 皇位継承の証しとして受け継がれる三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)」「草薙剣(くさなぎのつるぎ)(天叢雲剣、あめのむらくものつるぎ)」「八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)」。本体はそれぞれ伊勢神宮熱田神宮名古屋市)、皇居に安置され、皇居には、鏡と剣の「分身」としての複製品も収められている。

 戦前まで天皇が1泊以上の旅行で皇居を離れる際、侍従が剣璽を携えて随行していたが、戦後は地方訪問が増えたことによる警備上の理由などから、昭和21年6月の千葉県訪問を最後に取りやめられた。

 その後、昭和天皇式年遷宮に伴い神宮を参拝した49年に復活した。両陛下の即位後は、即位の礼を終えたことを神宮に報告する平成2年の「親謁(しんえつ)の儀」で実施され、6年の遷宮後のご参拝でもご動座があった。

 皇室の祭祀(さいし)をつかさどる掌典職によると、「剣璽は陛下とともにあるのが大原則」で、25日のご動座では、侍従2人がそれぞれをうやうやしく持って両陛下に付き従った両陛下の伊勢ご滞在中は、宿泊先の神宮・内宮行在所に安置され、侍従が見守る。

 

三種の神器が皇位継承の証しであること
鏡の本体は伊勢神宮 
剱の本体は熱田神宮
勾玉は皇居にある

儀式用として代用品(形式=かたしろという)の鏡と剱が置いているのが
20年に一度の式年遷宮のみご動座があること

 

テレビでも黒い入れものを持ち運んでいる映像がありましたが
運んでいたのは剣と勾玉でしょう
 

三種の神器は、日本神話において、天孫降臨の時に
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天照大神(あまてらすおおみかみ)
から授けられたという鏡・玉・剣のこととwikiにあったんだけど
ヤマタノオロチを成敗したときに日本武尊
天の岩戸の時代のものなんですか!

ふとしたことで気づき始めた歴史の重さに震えてる

 

 歴史の勉強はじめようかな

三種の神器、20年ぶり外に 両陛下、伊勢神宮へ出発:朝日新聞デジタル

f:id:mizzn60:20140326233436j:plain