スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

12/10 クローズアップ現代 広がる読書ゼロ 日本人に何が を見ての感想

立花隆さんにしびれました

放送は少し前になりますが 昨日録画見れたので 感想などをまとめておきます

2014/12/10 NHK クローズアップ現代 広がる読書ゼロ 日本人に何が

月、文化庁が衝撃的な調査結果を発表した。調査した2000人のうちおよそ半数(47.5%)が、「1か月に1冊も本を読まない」と回答したのだ。勉学に勤しんでいるはずの大学生でも、40%が1日の読書時間が“ゼロ”という別の調査結果もある。“読書ゼロ”は何をもたらすのか―。人と情報の関わり方を研究している筑波大学の逸村裕(いつむら・ひろし)教授は、学生の小論文の変化に注目している。近年、ほとんどの学生がインターネットの検索サイトに頼って論文を執筆、情報を羅列するものの、持論を展開するのが苦手になっているという。その一方、検索スピードは格段に向上し、閲覧する情報量は急増。わずか1秒で、表示された情報が有用かどうかの判断を下しているという。元来、働きながらでも本を手放さない二宮金次郎(金治郎)を敬ってきた日本人。本との関わり方はどう変わるのか。最新の研究成果も交え、読み解く。

読書時間ゼロが4割なんですか(驚き 引っ越しするときに本が多くて 難儀してるクラスターなので信じられへん

確かに昔と比べて電車内で新聞も本も読む人は少なくなった 多くの人はスマホゲームだもんね

私が本を読むのは 作者の疑似体験が追送できるから 温故知新 古きを温ねて新しきを知るというように 自分の経験ではないことを理解することで 新しい知識を学べるとおもっていた

貸出し件数が減っている大学図書館の関係者がこのように話していた 複数の人の発言を要約すると

情報を入手する あるいは本を読むときの意識ということ自体で変わってくる ネットをくぐれば情報はすぐに出てくるけど それを手に入れるだけではだめで 考察を深めないと意味が無い 新たな知識を発見するのが読書の効用 本を読むという行為は決して情報を得たいというためにやるのわけではなくて むしろ自分の中かからどれくらい引き出せるかという営み

目から鱗だった

自分は乱読はしてません  ドキュメンタリーとかノンフィクションが好きですね

その昔誰かがいってたけど 外れの本もあるけど どんな本にも ひとつのいいフレーズはある それを探すのが読書の醍醐味

私もそういう感じです 気になった言葉はメモしているのですが あんまりアウトプットできてない

まったく意識してなかったけど 読むことで自分がこの立場ならどう考えるか それを考えることも読書なんですね

脳の研究を紹介してましたが

テレビなどの映像や音声で 視覚でまず内容を理解できるけど 映像はどんどん流れていくので 脳で考えを処理することが追いつかない 読書の場合はまず言葉を視覚で捉え その意味を把握し 過去の知識などで 画面を想像したりすることで 脳の循環で考察が深まるとのこと 得られた情報から更に自分で自分の考えた構築するという プロセスがはいってくるので 人間の持っている創造力がフルに活かさせることになります

雪国の映像見てもみただけで寒そうやな終わりますが 文章だけなら過去の体験と対比しないと前に進めない

前半はだから本を読まないとダメという感じの放送でした

印象深かったのが大学生での実験での小論文の作成の比較

読書しない人は検索してコピペして それっぽい意見を足して終了してましたが

よく読書する人はネット検索して 参考文献を図書館で借りてきて 自分の考察を深めて きちんとした小論文を完成させてました

コピペでは薄い意見になりますもん

前半はこういう感じのテーストで スマホもネットも悪という論調でした

後半の立花隆さんの選挙特番なみの無双をが始まります

要約してみます

スマホは便利なものだけど大事なのはスマホの向こう側 何でも検索できる自分だけの図書館があるのと同じ これまではインプットとアウトプットしかなかった でも今は情報が脳を通過するスループットが増えている その中でどれを拾い上げていくかという取捨が必要 本というものは知識ではなくひとつの総合メディア 本を読むことで自分の知識が獲得できるもの 人間の脳というのは知と情と意 知識 情報 意識が全部あるもの 読書は知のメディアといわれてるけど 情や意の部分がものすごくあって ビジネスでも歴史でもいろんな人間の行動や意志を通じて  どのような判断をするかが重要かということを 学習することがその人の人生にとってものすごく重要 そういう物語化して書いたエピソードの集積によって学習できる つまりいろんな人の決意がどのような結果をもたらしていくように しかし読むだけではなくて 次のステージにとして アウトプットをしていかないとより読書が深められない

他人の人生を疑似体験していくこと 自分ならどうするか考えることが 読書の醍醐味なのか

やってたことは間違ってなかったけど アウトプットはできていたとはいえないわ

後輩に指導するということで 自分も成長できるように 人に伝えるということで さらに学べるということですわ

思考力を深めるために 読書しまくりますわ

いい番組に出会えたことに感謝