スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

パナソニック、国内生産回帰…円安・人件費高で

2015年が実質的に 動き始めましたが 今年は何か凄い年になりそうです

パナソニック、国内生産回帰…円安・人件費高で 読売新聞 1月5日 8時50分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00050103-yom-bus_all  パナソニックは、海外で生産し日本に逆輸入している洗濯機やエアコンなどの家電製品の大半を、今春から順次、国内生産に切り替える方針を明らかにした。  円安の進行や海外の人件費の上昇で海外生産の利点が小さくなったためだ。家電最大手のパナソニックの「国内回帰」が他社に波及し、国内製造業の空洞化に歯止めがかかるかどうかが注目される。  パナソニックの家電の国内販売額は5000億円前後とみられ、うち約4割を中国を中心とした海外で生産している。  パナソニックはまず、ほぼ全量を中国で作る縦型洗濯機の生産を静岡県袋井市の工場に戻す。その後、全量を中国から輸入している家庭用電子レンジは神戸市での製造に、中国で生産している家庭用エアコンも滋賀県草津市に、それぞれ切り替えを進める。

円高でかなりの海外移転したと 思いますが 昨年からの急激な円安で ついに中国の方が人件費が かかるようになったのか

MADE IN JAPANのブランドも 復活できるし 求人も増えるでしょう

家電のパッケージに表記してた MADE IN China 誤魔化しのMade in PRCは テンション下がるものでした

(PRCなら売上が上がる話も なんだかなあ)

他のメーカーも追随するかにも 注目したいと思います