スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

外食産業に正社員化の動き 待遇改善で人材の確保を 和食さと

今朝関西のNHKニュース見てたら 和食さとの人材の確保の 話題をやってました

公共放送なので一切実名は 出てきませんでしたが

関西の地盤レストランチェーン 和食さと 従業員1万人 そのうちの90パーセントが パートアルバイト 和食さとは昨年10月に 短時間正社員制度を導入して ベテランのパートアルバイトを中心に 希望者を全員正社員化したそうです 短時間正社員制度とは 1日6時間 週30時間をベース 勤務時間帯は自由 給与は時間給ですが ボーナスも支給され 正社員と同様の福利厚生が 受けられるとのこと

実際に社員になった ある主婦のインタビューが 印象的でした

「普通のパートではいつ首が切られるか わかりませんが 正社員なら定年はあるけれど そこまでは働かさせてくれる安心感は ありますね」 人件費は1億上がったそうですが そのかわり料理のコストを見直し だし作りを機械化 カット野菜を使うように 食材も直接取引に これらのコスト削減の結果 17億圧縮でき 人件費や価格競争へ資金を調達できたそうです さとの社長さんも 「一番大事なのは人 今回はコストが 上がっていい 問題は中長期的に会社が安定的に 発展する成長することを 視点に置いたときには この戦略がベストだ」 労働者の意欲を成長に 結びつけることができるのか その動向が注目されます

というナレーションで投げっぽなし で終わってました

なんかモヤモヤしたので それを書き出してみる

さとは時給あんまり高い訳ではないよね あとあんまり美味しくは(ry

コスト増 一億で 300人正社員だから 1人33.3万

保険の費用も含まれるので そんなに賞与ないとおもうし 社長が今回だけと言ってることも気がかり

と言えるのは落ちた経験のない人 とにかく生活が安定することは メンタル的にもいいことなんだよな

先が見えないとなにもできなくなる (経験者)

出てきてた奥さん月給18万円で 子供二人を育ててはるという話でしたが ボーナスで誕生日プレゼントや サマンサタバサのカバン買ってるのをみて ほっこりしてしもた

外食業界って消耗品と 思ってる会社少なくない

さとにはそういう業界に風穴を開け欲しい

あそこまで機械化しないといけない ビジネスはどうなんだろうかと 思ってしまうけどね

むかしの憧れだった ファミリーレストラン 復活してほしいけどね

パート290人を正社員化 人材確保で「和食さと」 -http://www.sankei.com/economy/news/141001/ecn1410010055-n1.html

追伸

サトのホームページみて気づいた

今朝のニュース かんさい熱視線の焼き直しなのか (関西ローカル 金曜19時半)

これから毎週見るようにします