スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

『第45回 NHK上方漫才コンテスト』反省会

まあ関西ローカルネタですけど
全編みてしまったので
感想をまとめておきたいとおもう


この前の金曜19時半からの
NHK上方漫才コンテスト
盛り上がりましたね

NHK 大阪放送局 | 「第45回NHK上方漫才コンテスト」


全国的には北陸新幹線だったと
おもいますが

関西では生で漫才コンテスト
やってたわけです


腹の底から笑えたの
二回くらいだったけど


f:id:mizzn60:20150301232616j:plain


柳ゆり菜さんの
マイクの持ち方に萌えました←



よしもとだらけのファイナリスト
それだけでつまらん



上方漫才コンテストは
関西若手漫才師の登竜門なんだけど

NHK上方漫才コンテスト - Wikipedia


最近演芸やる番組減ったし
腕を磨けないんやろね

売れたら司会やレポーターばかりで
演芸しなくなるし

コントと漫才の境目が
曖昧ミー



風景が浮かぶメロディーが
心に染みるように

スーツで立ち話しているんだけど
話芸だけで映像が浮かぶのが
漫才だとおもうんだけどねー


決勝は妥当な組み合わせ
インディアンズの
癖のある方にハマりかけたけど

手数多いだけやもんね

悲しい時という事例で
ミヤネ屋で東京人と話してる時だけ
宮根さんが標準語になるとき

は爆笑したけど←

f:id:mizzn60:20150301233913j:plain


アキナの方がスタイルが
出来上がってました


ネットではまたこのネタ?
というコメントあったので
鉄板なんでしょうけど

どちらかといえばの
選択であって
ベストではないもん

あくまでも妥当な選択


その辺が近年の
ブレイクのなさかもしれない


上が仕えてるのも問題
一度崩壊しないと
あかんかもね(´・_・`)





追伸
山名さんの意味不明なその土地の名産品の
拡充楽しみでごわす