スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

上方落語再興の桂米朝さんが死去 人間国宝、初の文化勲章 -

昨晩スマホに速報ニュース届いて
かなり落ち込んでた
 
小さい時からずっと見てきた人だからねえ
 
結局高座はみれないままだった
 
ちりとてちんの再放送で落語にはまったんだよな
もちろんこの話
 
地獄八景亡者戯(じごくはっけいもうじゃのたわむれ)」
 
 
その道中の陽気なこと(´;ω;`)ブワッ
ちょうど花博の頃か
 
やっぱりちりとてちん全話録画したらよかった
 
 
今日の産経朝刊に甘辛という話を書いてましたが
近年はほんまに好々爺でした
 
 
 
【桂米朝さん死去】「何ちゅうええ空間や…」後進うならせた落語家の理想形  - 産経ニュース 
http://www.sankei.com/west/news/150319/wst1503190089-n1.html 
 
 
 一門でも、晩年の米朝さんが表舞台に出ることに反対する人がいたと聞く。
だが、米團治さんは「本人が『引退したくない』と言ったんです。ならば、素のままを見ていただこうと」。
 
 ある時、米朝さんが舞台に現れるだけで、会場全体がえもいえない心地よい“空気”に満たされることに気づいた。
居合わせた笑福亭鶴瓶さんもこうつぶやいた。「何ちゅうええ空間や…」
 
 その時の感覚を、私は早世した筆頭弟子の枝雀さんが生前、理想とした高座姿に重ね合わせた。
「こちらが黙ってニコッとしているだけで、お客さんも機嫌よくニコッとする。そんなんがよろしいなぁ」
 
 
ほんまにその空間を味わっておくべきだった
 
落語って入場料安いんですよね
その面子でその価格でええんかとおもってまう
 
とにかく見に行くことにしますわ
 
後の思い出はこちら
 
 
 
味の招待席 12年間もやってたのか!
一度も料理食べてなかったとはねえ
 
 
関西では追悼番組多いと思いますので
それで妙技を楽しむとしますわ
 
お悔やみ申し上げます