読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

ローソンと楽天、包括提携へ  かっこわるい振られ方 サークルKサンクス

コンビニとポイントからみの三国志 どうなるかとおもてたら日経がぶち上げ花火をあげてきました

こういう日経ははずしませよね

   【特報】ローソンと楽天、包括提携へ

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/073002528/ 

 

ローソンと楽天が包括提携に向け最終調整に入ったことが日経ビジネス/ITproの取材で明らかになった。 ポイント、物流、モバイル事業などで協業する。コンビニ業界とEC(電子商取引)業界の小売り大手同士が 広範囲にわたって戦略的提携に踏み出すのは初めて。 ローソン店舗で楽天が発行する「楽天スーパーポイント」の付与・利用を早ければ2016年夏にも開始し、 全国のローソン約1万2000店舗で楽天が運営するEC(電子商取引)モール「楽天市場」の購入商品を2015年8月から 順次受け取れるようにする。両社で新たに食品宅配事業も始めるほか、ローソン店舗で楽天モバイルの端末を受け取れる サービスも始める。今後も両社の提携内容は拡大する可能性がある。 楽天は現在、「楽天スーパーポイント」の取り扱いでコンビニ業界4番手のサークルKサンクスと 独占契約している。2016年6月に迎える契約満了後、ローソンで楽天スーパーポイントの付与・利用を始めたい考え。 ローソンと楽天は会員からの許諾を得た上で、互いに顧客の購買情報の一部を共有する。 現在、ローソンではグループ会社のロイヤリティマーケティングが発行する共通ポイント「Ponta」を取り扱っているが、 2015年6月からNTTドコモのDCMX(2015年12月1日からはdカードに名称変更)の利用で割引サービスを 提供しているほか、共通ポイント「ドコモポイント」(2015年12月1日からはdポイントに名称変更)を付与するなど、 Ponta以外のポイントプログラムも受け入れている。ローソンと楽天は同様の仕組みで協業できると判断したもようだ。   (略)

 

サークルKサンクスはかっこわるい振られ方ですが これでファミマとの統合が加速するわけですね

もともと 携帯の三国志とコンビニの三国志がねじれてました

セブンイレブン  AU ?

ファミリーマート ソフトバンク Tポイント

ローソン  ドコモ ポンタ  リクルート

サークルKサンクス 楽天

 

これが楽天 ポンタと共通化される可能性が高まったわけです

 

活用の幅が広がるわけですわ

DCMXがなくなって 楽天カードにかわるかもしれんけど(震

佐川がローソンと手を組んだし

ヤマト運輸は楽天と

さらにねじれる可能性もあるわけですが

まあ明日の発表を期待しましょう