読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

ありがとう文春! 紅白とテレビが死んだ日

 
 

題名に他意はありません

 

メディアは死んだなと思うような出来事ばかりでございます

大本営発表の垂れ流しに意味はあるのかと

嫌なら見るなだからテレビなんて見ませんけどね

 
とりま初めてサンジャポみました
 
 

f:id:mizzn60:20160126082813j:plain

 
   デーブさんがレギュラーとして生出演する2016年1月24日放送の「サンデージャポン」(TBS系)では、前週に引き続きSMAPの解散問題を取り上げた。
 
   18日の謝罪会見によって一応の決着をみせたことから、この日はスタジオも和やかなムードに。辛口コメントでおなじみのテリー伊藤さんも「やっと落ち着きましたよね」と温かな感想を述べていた。
 
   そうした中で「言っていいですか?」と、自ら口を開いたのがデーブさんだった。発言を促されると、こう切り出した。
 
「世間的に違和感があるのは、もう全部(報道しているのが)スポーツ紙か週刊誌だけなんですよ。日常的に(SMAPを)使っているからテレビ局が一番パイプあるのに、一切独自取材していないんですよ。そういった意見、声がたくさんあるのに、なんか違和感があるんですよね」
 
   この発言を機に、スタジオには何とも微妙な空気が流れた。いつも舌鋒鋭いコメントを発するテリーさんですら、この時は沈黙。司会を務める「爆笑問題」太田光さんが「うーん...どういう...違和感?」とあいまいに反応すると、西川史子さんも「違和感?」と首をかしげて追随した。
 
   しかしデーブさんは、テレビ局の不自然な報道姿勢をさらに追及した。
 
「だって全部スポーツ新聞が取材してるんですよ。これだけでかい芸能ニュースなのに。スポーツ新聞は直接関係ないんですよ、テレビ局が一番関係あるのに『自分達でこう調べました』が一切ないんですよ」
と続け、最後には「日本の芸能界と事務所とかテレビのあり方がすごく浮き彫りになっちゃった」として、大手芸能事務所とテレビ局の癒着にまで話を展開した。その表情は真剣そのもので、得意のダジャレも一切なしの熱弁だった。
 
 
晩年梨元さんこ干されたのこういう体制を批判したからと今更わかって震えてる
 
もうオマリーやね(ストリーク)
 
何が前向いて進むや
 
もうあの事務所全部に全てに嫌悪感しかない
 
確かにスタジオ凍ってた

f:id:mizzn60:20160126083110j:plain

 
 
スマップの謝罪でテレビが終わった感がある
全てが世間にバレてしまったので
 
サンミュージックが叩かれて
ジャニさんはスルーで
SMAPはすごいグループだの翼賛会
 
なんだかなー
 
あまりにも不自然だった紅白トリのマッチも
SMAPから奪還したということなら見えてくるものあるし
紅白司会者がながらく決まらなかったのも
司会起用での圧力があったはず
 
タモさん断ったのもそういう空気を察して
そして紅白の視聴率も身内うけネタ連発で失速
歌手別の視聴率も出てこなくなったのも
事務所からの圧力という名の報道しない自由
 
文春が生き生きしてるのは記者クラブに加入しないからであって
それが報道への利権につながっていくわけで
さすが報道しない自由度世界64位の国だわ(白目
 
もう何も報道しないで週刊誌の垂流しだけでいいんじゃね(震