スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

あさが来た 第16週  道を照らす人  五代ロス&ヘブン 

f:id:mizzn60:20160123105535j:plain

(´;ω;`)ブワッ 



まあ前週からの前ふりをきれいに回収した16週でございました

 

道を照らす人 あらすじ

 

あさは九州を頻繁に訪ね、熱心に炭鉱を買い進めていた。
そんな中あさは最近顔色が悪い五代友厚を見て心配する。

加野屋では当主栄三郎と番頭の雁助があさが目指している
銀行設立について話し合い ついに栄三郎は決断する。

そして銀行以外の事業をの社長を誰にするのかが注目される。
あさが決める社長とは....

加野屋を長年支えてきた雁助はこの先どうするか悩んでいた。
そして雁助は同じ境遇のうめに、今の自分の胸の内を話す。
無理をしながら精力的に働く五代は、新次郎と話をしてある約束をする。
あさはなかなか五代にあえないでいると、そこへ五代の秘書がやってきて
五代の健康状態が危ないことを知らせる。

五代のもとに駆け付けたあさと新次郎。横たわったままの五代は、
あさと今までの思い出を話し合う。そして五代はあさにある言葉を残して
旅立っていく。

ある日、平十郎というへぇしか言わない男が雇って欲しいと現れる。
面談したあさの決断とは....

さらにはつが息子の藍之助を連れて十年ぶりに加野屋を訪れる。

 

 

 

ほんとうにかっこつけすぎな五代さんが退場していきました
鴨居ロス以来の五代ロス

 

f:id:mizzn60:20160130201733j:plain

しんちゃんともちゃんええシーンでしたわ

 

 

五代さんが言うてはった比翼の鳥

雌雄それぞれが目と翼を一つずつもち、2羽が常に一体となって飛ぶという、中国の空想上の鳥。夫婦の仲のよいことにたとえられる。
これも勉強になりました

 

「道を照らしてくれたのはあなたの方です
あなたのような興味深い人に会える大阪で
どないな町なにんて!最初はこの町が苦手でした そやけど
大阪商人ほどきっちり信用できるものはいてへん
それで考えを改めました。あなたにも会えましたしな。」


f:id:mizzn60:20160130201934j:plain


 

このシーンは何度見てもあきまへん(´;ω;`)ブワッ

 

鉄砲事件で出会って 袖に入って
イギリスから自転車の妄想して
ストーカー的な手紙を送ったことおもいだしてた後に

 

f:id:mizzn60:20160130202313j:plain 

ペングインはあなた様です><

 

五代さんが残した南海電鉄の重みを感じるようになりました



 

f:id:mizzn60:20160130202625j:plain


天国に旅立ったあとのあさイチはまさにヘブン状態でしたw

  f:id:mizzn60:20160130202042j:plain

タンポポのマスターで頑張ってくれるはずです←

 

 静子はんが鹿鳴館のドレス説明する展開は素敵でした

 f:id:mizzn60:20160130202105j:plain


中の人一緒やんw



 f:id:mizzn60:20160130202400j:plain


久しぶりに置物さんも登場で嬉しい☆~(ゝ。∂)

 

 

次週は最後のご奉公

確実に退場予告でございます


さてさてどうなりますやら