スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

単なるアトラク映画ではない これこそ映画館でこそ見るべき映画  ザウォーク 見てきた(IMAX 3D版) 

不可能だと思えた挑戦はこの一歩から始まる
俺もワイヤーウォークしなあかんと思いました

 

f:id:mizzn60:20160204112137j:image ↑コピーで失敗してるポスター

 

最近忙しくて映画行けてなくて
ふと予定が空いてしまった昨日

 

アプリでどの映画見ようかなとおもって検索してて 
以前マッドマックス(IMAX 3D)上映前の3D予告編
かなり迫力あったこと思い出して
ザウォーク見に行くことに決めた

 

 

3Dでもいいかなとおもったけど
こういうアトラクション映画はIMAX3Dでしょ
ということでエキスポシティまで行ってきました

最新鋭のIMAXみたかったしね

 

ストーリーは

 

 

1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが……。

 

 

 おもたのは 

ミッションインポシッシブル
不可能はないということ
そのためにはビジョンが必要ということ

 

なんであんなことするのか
単なる3Dの映画という批判レビューも多いけど
ひとりではダメなんだよな

 

俺3回泣きましたよ
数学教師の奮闘と師匠のプレゼントと最後のお犬様への大盤振る舞いで

 

監督が言いたかったことは
主人公の最後のセリフとあの光り方なんでしょう
夢を駆けたビルへの追憶

 

 

高いところ好きなので見に行くつもりだったのですが
WTC=あの事件のイメージがあるので最後まで悩んでたんですけど
いい意味で記憶の上書きができたので杞憂でした

 

フランス数学教師に涙してしまったのは
自分だけだろうか

あとジョセフ△
インセプションから気になってるけど
役者バカっぷりに震えてます(吹き替えなし)

 

見た目がベタすぎる映画なので動員伸びてないのが
もったないないとおもう

共犯者になれば意味は変わってきますし
あの行為をした理由をわかりますよ

 

f:id:mizzn60:20160204112152j:image

この映画は実体感できるIMAX3D一択の映画
テレビではあの迫力は絶対に味わえないし
迫力も半減でしょう

 

あの雲海のシーンだけで
見に行く価値ありますよ

下からのなめ回しもよかった(ビルマニアとして)

 

5日でIMAX3D終わるところ多いので
お早めに

 

採点

4.5/5

俺もいろいろ成し遂げないとな

とりあえずサントラ探しますわ

 

 

The Walk

The Walk

 

 

 

 

マン・オン・ワイヤー

マン・オン・ワイヤー

 

 

 これがドキュメンタリー

マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]