読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

酒、安売り規制法案成立へ…価格競争妨げ懸念も

やはりなんとか主義国家なんでしょうか

酒、安売り規制法案成立へ…価格競争妨げ懸念も
2016年5月25日 7時36分 読売新聞

 酒の過剰な安売りを規制する酒税法などの改正案が、今国会で成立する見通しだ。
 量販店などの安売りから、規模の小さな「街の酒屋さん」を守る狙いがある。しかし、健全な価格競争まで妨げ、消費者の利益を損なう恐れもある。小規模な酒屋の活性化に向けた効果も少ないとの見方も出ている。
 法案は、財務相が酒類の販売価格の「公正な取引の基準」を新たに定め、これに従わない場合、業者名を公表したり、酒類の販売免許を取り消したりできるようにする内容だ。すでに衆院を通過しており、6月1日の会期末までに参院でも可決、成立する見込みだ。
 採算を度外視した安売りでライバル店を廃業に追い込もうとする「不当廉売」に対しては、公正取引委員会が酒屋に限らず、独占禁止法に基づいて摘発している。また、国税庁は酒類に絞って、過剰な安売りを防ぐための指針を作っている。
小さな酒屋さん守るためなんでしょうか
コンビニなら問題ないけど
ディスカウント系やスーパーを排除できるのでしょうか

どうせ献金で(ry
 
御用聞きって便利な制度だったと思いますけど

携帯もそうだけと国が価格にツッコムと
ろくなことにならない悪寒しかしませんわ(˘•ω•˘ )