大阪堺のデジタルサポート サンデボーテ 

スマホや家電購入サポートやブログ運営サポートを生業としております。

スルッとKANSAI対応カード、2017年3月31日販売終了。どうしてこうなったのかを推測してみた

 先週末からこの画像のツイートからざわついておりましたが正式に発表されました

 

 

 でもPitapaで無問題とおもうのは自分だけの短絡思考らしい
結論を先にいうと結局阪急が悪い

 

travel.watch.impress.co.jp

 一方、スルッとKANSAI対応カードのベースとなった阪急電鉄の「ラガールカード」や能勢電鉄の「パストラルカード」も販売終了となるが、阪急電鉄、能勢電鉄、北大阪急行(北大阪急行電鉄)、阪神電車(阪神電気鉄道)の4社は、4社限定で共通利用ができる新たな磁気カードを発行する予定。

 めっちゃ連携が弱くなるということだよな(震

さよならスルットちゃん

(´;ω;`)ブワッ

 f:id:mizzn60:20160705201046j:plain

 

でもこの文の中に重大な言葉が

www.itmedia.co.jp

 

カードの発行は、来年3月いっぱいで終了する予定だ。購入済みのカードは18年1月31日まで利用できる。近畿圏以外で販売している乗り放題券「2day・3dayチケット」の販売も、今年9月30日で終了するという。

2day・3dayチケットこれ便利だったのに><
時期限定の関西バージョンの継続販売も危うそう

 

関西圏しかわからないとおもうのでまとめてみます

 

スルッとKANSAIはプリペイド型の乗車カード
切符を買わずにそのまま改札機に通すことが出来
スルッとKANSAI加入会社なら共通で使えるというカード

テレホンカード(死語)のようにつまり使い捨てということ 

 

関東のPASMOはチャージできますが
スルッとKANSAIはチャージできない磁気カード

PASMO PASMO(パスモ)とは、ICカードを使った便利な乗車券システムです。 首都圏のほとんどの電車とバスをご利用いただけます。加盟店では電子マネーとしてもご利用いただけます。 また、相互利用を行う全国の電車とバスの加盟店舗でもご利用いただけます。

 使ったことないですけどSuicaも同じ使い方ですよね

さらに関西にはPitapaICOCAがあります

 

各所からSuicaやPASMOと同じやんといわれそうですが
同じなのはJR西日本のICOCAのみ

 

Pitapa愛用者なんですが これだけ支払いが後払いなんですよね

クレジットカードとセットの発行 もしくは一体型なので
月末締めで清算してクレジットカードの請求で落ちるわけです

(Suikaにも一体型あるとおもう)

 

 

関西圏の電車もバスもそのままタッチしてのれるし
チャージ残金があればJRものれます
もちろん買い物も可能
全国でも使えますし

もともと陸マイラーなので ポイント狙いで加入してたんですが
地元の南海バスがようやくPitapaに対応して 一気に便利になりました

 

まあ現状でもPitapaとスルッとKANSAI併用してるので
廃止する理由はなんでだろと推測してみると
どうやら阪急がカギになってるっぽい

 

 

 

 確か来年から我が南海(沿線民)がJRとのICOCAだすんですわ
泉北高速も対応とのこと

「ICOCA」大阪市交通局・南海電鉄・泉北高速鉄道でも2017年春から販売開始 | マイナビニュース

つまりこれが前ふりだったことになる

結局阪急阪神北大阪急行能勢電鉄は磁気カードを発行することが
スルッとKANSAIの廃止のきっかけっぽいということ

 

阪急はICOCA提携出すつもりないみたいだし
(路線競合多すぎなのか私鉄の雄のメンツかどうかは不明)

 

おそらく各私鉄がICOCAに頼るというのは
Pitapa売れてないんでしょうな

やっぱりクレジットカードに抵抗ある人多いんでしょう


さっきのマイナビニュースの記事で、阪急は乗り越し清算の需要があるし 回数券使う人も多いということで磁気カード継続ということでしたが、これとクレカはつながってるとおもわれます


Pitapaの区間指定割引とか便利なのにねえー
食わず嫌いしてほしくない

 

 阪急連合軍がどうなっていくか注目して参りましょう☆~(ゝ。∂)