スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

NHKおはよう日本 明らかになってないネット炎上の実態

2016年7月10日 おはよう日本で、ネット炎上の特集してましたが、ピンときませんでした。

 


f:id:mizzn60:20160710091333j:image

企業への嘘の悪口とかは理解できるんですが、とある女性の被害についてインタビューしてたんですが、理由も内容も不明。


SNSで知り合い同士で情報交換してたら、突然「お前は姑息な人間だ」と批判されてたのをきっかけに4万件の批判コメント。


そして個人情報や家族の情報なども公開され、同僚にも知られて家から出られなくなったとの話でした。


怖いと思いますけど、でもその理由がみえてこない。何を書き込んだのか? 媒体はなんなのか?問題のない書き込みだったとあるけど、その辺りを伝えないと見えてこないよ。劇団員でないことを祈ります。


炎上に加担してるのは0.1パーセントの先導役。これを見た賛同者が拡散して広がっていくとか。

 

炎上加担者を分析すると 、無職や学生が3割 会社員が3割 役員が3割。リンク先を見ないRTも流行ってるようですよね

 

加担者のインタビューしてましたが、正義感とか自分の意見を知らしめることに意味があると言ってました。承認欲求が拡散の力と_φ(・_・


この辺は納得できたんですが、そもそもマスゴミが熊本地震の報道や海老蔵追っかけで自ら炎上ネタだしてるほうに気がついてないのがかなりアレ。


個人は犯罪自慢とかでないと祭りにならないような。


 ネットに詳しくないディレクターが作った特集っぽいがスルーした方がいいんでしょう。


ははーんこれで炎上することが狙いか←