読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

PL花火芸術ってあんな規模でしたっけ?

昨日開催されたPL花火芸術にガックリきております

 南大阪では誰もが知ってる8月1日のPL花火芸術

 

真夏の夜空、彩る1万発 大阪・富田林で花火芸術:朝日新聞デジタル 

 

 f:id:mizzn60:20160802100836j:image

 

  真夏の夜空を彩る「PL花火芸術」(パーフェクトリバティー教団主催)が1日、大阪府富田林市であった。64回目となる今年は、直径30センチの尺玉を200発披露する「名花」、20カ所から同時に上げる「展覧」などの仕掛け花火を含む計約1万発が披露され、大勢の見物客が光の祭典に見入っていた。
 PL花火芸術は1953年に松山市で始まり、翌年から富田林市で開催されている。打ち上げ数は近年、減少傾向にあり、昨年は約1万3千発だった。

 

PL花火芸術 2016.8.1 フィナーレ - YouTube

 

久しぶりに体感してたんですがあんなに本数少なかったっけ?

 

 

確か甲子園の常連だった頃12万発くらい打ち上げられてたようなそれが昨年2万発そして今年は1万発になってたのか

 

 気になってwikiをくぐってて驚いた

当初は10万発 - 12万発だったが、2008年より数え方を小割りや浮模様、分砲なども含めた数え方から、純粋に丸玉の総数に変更したため、2万発となったが規模、予算はほとんど変わらない。

 

それが規模が変わったということは曲がり角に来てそうな気もします

有料観覧席でナイアガラ見るの夢やったのにな

 

大人になってしまうってこういうことなんやろか