大阪堺のデジタルサポート サンデボーテ 

スマホや家電購入サポートやブログ運営サポートを生業としております。

今度のiPhone7 Plusのカメラ機能がすごいらしい?

イメージは劇団四季です

 

昨日から本日にかけてiPhone7とiPhone7Plusの実機レビューの記事が出てまいりました。まあAppleの意向が強い世間への撒き餌でしょうけどね 
まあ乗っておきますか←

 

 

toyokeizai.net

iPhone 7には、画素数こそ1200万画素で据え置かれたが、裏面照射・フォーカスピクセル搭載で、スピードを重視した新しい光学手ぶれ防止機能付きのセンサーと、こちらも新作となる6群の広角28ミリ/f1.8の明るいレンズが組み合わせられる。

iPhone 7 Plusには、これに加えて、広角レンズの倍となる56ミリ/f2.8の中望遠レンズが追加された、2つのカメラを搭載する構成となる(焦点距離はいずれも、35ミリ換算)。この2つのカメラを、ワンタップで切り替えることができるのだ。

 

レンズ二本を持ち歩いてるイメージですか 
やっぱりPlusの方がよさげですよね

 

 

すべてで輝きを増した10世代目のiPhone:

www.itmedia.co.jp

 

機械学習も導入、カメラの圧倒的描写力
 iPhone 7シリーズの外観の美しさは、それだけで十分、購入を決意させる要素だ。それに加えて、本製品にはSuicaを含めた新しい決済手段のApple Payへの対応、そして多くのデジタルカメラを凌駕(りょうが)した描写力という2つの抗しがたい魅力がある。

 前者の魅力は先に掲載した記事を参照してもらうことにして、ここではiPhone 7シリーズのカメラについて話そう。

 iPhone 7のカメラは、レンズを含めた光学系の性能が大きく見直された。

  まずはレンズがより明るいものに変わった(F1.8のレンズで、従来に比べ50%多くの光を捉えることができる)。一般にカメラは、暗い場所での撮影では、シャッターを長く開かねばならず、手ブレが起きやすくなるが、Optical Image Stabilization(光学式手ブレ補正)という、センサーとソフトの技術で手ブレを軽減する工夫もしている。要するに暗いところの撮影にものすごく強くなったのだ。

 

 でもこういう記事もあるんだなこれが

www.gizmodo.jp

f:id:mizzn60:20160914194555j:image

Phone 7になって大幅に強化されたのがカメラ機能。特にiPhone 7 Plusではデュアルカメラを搭載するなど、実に楽しみな機構が取り入れられています。ですが、どうやらその望遠カメラには光学手ブレ補正機能がなく、計算によればセンサーサイズも小さいようなんです。

 

まずiPhone 7 Plusに搭載された1200画素の広角カメラと望遠カメラですが、光学手ブレ補正機能が搭載されているのは広角側のみです。望遠側には搭載されていません。Apple(アップル)の公式資料でも確認できます。

 ズーム側に手ぶれなくてもボケ側だからいらないような気がしますけどね

 

やっぱり大は小を兼ねるのでiPhone7Plusの方がええんでしょうな
(その感覚で6sPlus買った人なので)


色は確定したので大小で迷ってますけど 

ボケる映像とれるのはXperiaやHTCでありましたので、iPhoneでボケる写真は今更感はありますがどうしたもんじゃろのー