読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

てるてる家族 13年越しに完走できた件

 \いい最終回でした/

いやー13年前は途中でリタイヤしましたがようやく完走できました><

f:id:mizzn60:20161001161359j:image


大阪池田が舞台ということで気になって見てたんですが子役時代が長すぎてリタイヤしてしまった。今回リベンジということでみてたけど、時代が早すぎたんだなと。

 

純と愛も異色の朝ドラ(朝ドラを壊した朝ドラ)といわれてましたけど、てるてる家族も異色の傑作でした。

 

大事なのは日々のエピソードの積み重ね。

グランドフィナーレみてたらいろんなことが走馬灯に。奇をてらった演出もありましたが、結局描かれていたのは丁寧な日々の暮しぶり。

 

脇役の人生も描かれてたことが、グランドフィナーレの破壊力につながっていくわけでございます。子役時代の郵便局員と蕎麦屋の自転車のアレにも意味があったわけですよ(笑)

 f:id:mizzn60:20161001161732j:image

奇をてらった演出もありましたが、結局描かれていたのは丁寧な日々の暮しっぷり。脇役の人生も描かれてましたもんね。

 

宇宙人ローリー  大村崑さん  小米朝さん クロードチアリさん パン屋の常連柔道部員 佐世保バーガー ボール牧さん  朝ドラ恒例でもある婦長さんのおせっかい 絵本作家の米原さんも みんなちゃんと生きてはりました。だからグランドフィナーレで泣けるんやで(東の放送局見ながら)

 

てるてる家族は照子さんの成長のドラマであり、仲良しの天才である秋子と冬子が女優さんにステップアップしていったドラマだったなあと。仲良しの天才さんの最初が不遇だったから尚更。

 

いろいろ忙しくて思い出の味がなかった照子さん。あのシーンも泣いたわ。アメリカ留学での春男の最後へそくり「あったかって邪魔にはならん」で涙出てきて 秋子はんの自然な涙。こちらもつられて号泣。泣き笑いしたドラマだったなと。


この半年でさらに上野樹里さんにはまったとおもわれます。(マツコの知らない世界で杏仁豆腐で実感)夜中まで踊りつつけたマンボも思い出したw

 

大階段のダンスで起用に意味があったことを思い出させる春男さん 「幸せになりやー」は名言でした。そう考えると夫婦の成長の物語でもあったんだなと。 1話につながっていく無限回廊の米朝師匠写真館。かき氷の器という伏線回収。 伝書鳩からの別れの手紙。 そして空からの電動ワイヤーラブミーテンダー花火。 数々の祝い事のすき焼き。そして誰もが誰かのイースト菌。 「あなた紅白でなさいよ」というメタ構造。 いやーこのつながりがが朝ドラの醍醐味なんですよ(AKみながら机たたく)

 

ちりとてちんとてるてる家族 やっぱり朝ドラは完走しないと評価できないもんだなと。何かしらの旨味は楽しめるので。

 

10月からダブルBK朝ドラだし、時代背景重なるので、いろいろしんどいかもね 

 

この半年で「若いってすばらしい」「ブルーライトヨコハマ」「ラブミーテンダー」で泣ける身体になってしまった感はあります。

 

やっぱり朝ドラはすばらしい 

そのことに気づかされました。大階段で思い出したヅカ時代。自分のやりたいことをみつけるという意味ではヅカ時代にも意味はあったわけで。

 

ケセラセラ なるようになるさという歌とともに こちらも人生を歩んでいくことにします。

   

10年くらいたったら純と愛も時代に追いつくとおもうよ←