読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイジョウチカン  堺市とテレビとWEBと販促と

自分の半径2Mの現象から世の中の流行を冷めた仕草で熱く見るブログ 大阪堺にある個人店のデジタル機器をサポートするサンデボーテの中の人が心の琴線に触れたことを語る水上近感ブログ

べっぴんさん 第一週 おもいをこめた特別な品 感想

 靴屋のシナモンティーですべてが変わりましたよね 第一回と二回目はスローすぎて心配してたんですが…

f:id:mizzn60:20161014080809j:image

 麻田さん萌え 針と糸で靴分解問題へ(笑

 

忠さんもわざとらしい感じだったのに。週半ばの靴屋への冒険から流れが加速 そして号泣の木金へ。すっかり引き込まれてしまった。

 

マッサンやごちそうさんのように創業20周年パーティというゴールが見えてるドラマの始まり方。初回から見直してるけどやっぱりいいですね。こういうネタバレが素敵なんやと。とと姉ちゃんとみるまとめは離脱してしまいましたが、今回もまとめていこうかなと。

 

 

べっぴんさん 第一週 おもいをこめた特別な品

 昭和9年。主人公・坂東すみれ(渡邉このみ)は、繊維会社を営む父の五十八(生瀬勝久)、姉のゆり(内田彩花)と一緒に神戸の洋館で暮らしていた。ある日、すみれは入院中の母・はな(菅野美穂)にあげようと、初めて刺しゅうに取り組むが上手くできず、はなに渡すことができずにいた。そんなある日、すみれは屋敷に出入りする靴屋の麻田(市村正親)の下を訪れる。真剣に靴作りに取り組む麻田の姿を目にしたすみれは「下手でも思いを込めてものを作ることが一番大事」という麻田の言葉を胸に刻みこむ。その後、はなに会いに行ったすみれは、幾度となく作り直した刺しゅうを手渡す。それを見たはなは「べっぴんやな。一生の宝物や」と喜ぶのだった。それから8年後、17歳になったすみれ(芳根京子)は、女学校に通っていた。仲間の多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)と3人で手芸倶楽部を結成していたが、太平洋戦争の影響で生活の変化を余儀なくされる。そんなある日、すみれは幼なじみの潔(高良健吾)に召集令状が届いたことを知り、自分の恋心に気がつく。しかし、姉のゆり(蓮佛美沙子)も潔に好意を寄せていて……。

 

とと姉離脱したのはセリフが響かなかったことと土曜に山場なかったこと。次回への希望は必要ですわ。

 

第一週はうまく自己主張できない次女と父親の成長週だったのかと

 そのきっかけが母親の死去。

べっぴんが別品だったとはね

印象的だったセリフは

 

すみれ「なんかな」

 

はな「クローバーの4つの葉にはそれそれ意味があるんよ 勇気愛情信頼希望 それが全部そろうと幸せになるんよ 大人にとっても忘れんとってな」

麻田さん 「誰かて最初からうまくいきませんわ。そやけど想いをこめたら伝わるんです。上手に作るいう事より誰がどんな想いを込めて作るのか。それが一番大事なんです。そんなことしとるうちにいつの間にかうまくなるもんです。」

 

 

これで流れが変わって あさやさんと取引しないと言い出す五十八さんへの初主張

 

 

すみれ「堪忍してください!私があかんのにみんなを怒るのはやめてください!麻田さんは帰りなさいっていうたけど、どうしても見たくて。麻田さんが履く人のこと思うて作ってくれる靴。女学校あがるときも、お嫁さんに行くときもお母さんが頼んでくれた靴を履きたい!そやからずっとあさやさんで靴作ってください!」

五十八「そうか…そうやな。どんだけ心配したとおもてんねん。お前になんぞのことがあったら、お母さんに合わせる顔ないやろ!」

すみれ「ごめんなさい」

 

(´;ω;`)ブワッ(´;ω;`)ブワッ(´;ω;`)ブワッ

 

そして

f:id:mizzn60:20161014221338j:image

 はな「いくつになっても、何十年たっても忘れないでいてほしい。私がこんなにあの子らを愛してたということを思い出してほしい。私らにとって、あの子は特別...べっぴんさんや。ほな五十八さん 私たちの娘、ゆりをすみれをよろしくお願いします。」
五十八「任しとけ」( ;∀;)

最初に任しとけといえずに泣きながらいう任しとけ

 

f:id:mizzn60:20161014081116j:image

五十八のタペストリーの説明で母の思いを知って病院に帰るときの第二の主張

すみれ「お母さま。私、私なもろたひとがうれしいって思ってくれるような、想いを伝えられるような、そういうべっぴんを作る人になりたい!」
はな「ええなあ。なれるよ絶対」
(´;ω;`) 

第四話第五回はほんとうに神回でした 

 

f:id:mizzn60:20161014221354j:image

 第四話の終わりのナレ「いとおしすぎて、幸せすぎて、もうすぐ訪れる別れがつらすぎて、この世から去りがたいです」

そして伝説になりそうなセルフナレ死

はなナレーション「私は天国へ旅立つことになりました。残される者は寂しいものです。でも旅立っ者は知っているのです。これからは大切な人たちを見守っていけることを」

この目線には驚きました。ウケでも話題にしてましたし。

4話と5話で泣きまくりました。これ書いてもうるうるしてる。まあおかしくなっていってもこのビデオみたら乗り越えれますよ

(´-`).。oO(とと姉でも桜の造花にはうるうるしてた

 

第二週は展開が早そうです。必死にしがみついていきましょう

 

追伸

お菓子投げ捨てた使用人の娘 明美さんと潔さんはテロップ名前出てるから続いていくことにきまってる(朝ドラあるある)