スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

べっぴんさん 第2週 しあわせの形 感想

いやー朝ドラ史上最速の展開でついていくのが精一杯でしたわ

 

失恋、結婚、妊娠、出征、女の子やったらさくらで、子育て、近江のいけず、玉音放送ここまでたった1週間で走り抜けました

 

f:id:mizzn60:20161024202128j:image

「ウォー 喜んでいるのです」癖の強い紀夫くんのインパクトがありすぎて

(´-`)。oO(ほんのりごちの通天閣風で萌

 

なんかなさんと思いを出せないテーストではお似合いの夫婦なのかも

 

第2週しあわせの形
10月10日(月)~10月15日(土)


 坂東すみれ(芳根京子)は幼なじみの潔(高良健吾)に思いを寄せていたが、姉のゆり(蓮佛美沙子)と結婚することになり、思いを告げることなく失恋する。潔とゆりの結婚式の時、祖母のトク子(中村玉緒)から父・五十八(生瀬勝久)と母・はな(菅野美穂)の苦労話を聞いたすみれは家への思いを強くし、五十八からきた縁談話をすぐに承諾するが、その相手は幼なじみの田中紀夫(永山絢斗)だった。つかみ所のない性格の紀夫との生活が始まるが、ある日、妊娠したことを告げると感情を爆発させて喜ぶ紀夫の姿に、改めて愛情を深めるのだった。しかし、紀夫に召集令状が届き、お腹の子供を託されたすみれは、夫不在の中、娘のさくらを出産する。戦況が厳しくなり、近江の坂東本家に疎開するすみれとゆりだったが、おじの長太郎(本田博太郎)一家の態度は冷たい。そんな中、神戸で大きな空襲があったと五十八からの知らせが入る。昭和20年8月、終戦の日を迎えたすみれは、様子を確認するため、神戸に戻る。そこで目にしたのは、焼け野原になった街と、焼け崩れた屋敷の姿だった。大きな衝撃を受けたすみれだったが、娘・さくらのため、母として前を向くのだった。

 

公式あらすじ長いw

「花を咲かす人生を送って欲しい」

と言って出征していったけどさくらという命名も少し癖がある。(やや変態)この朝ドラ王道だけどイニシャルDにくらい下り最速なら脱落者多いかもしれん。

 

神戸の屋敷も何もなくなった。夫も帰ってこない。そして1話冒頭に戻る。

f:id:mizzn60:20161026101333j:image

 

 

ていうことは

ここまではぺっぴんさん序章だったわけか。

 

近江の二人でごちそうさんとシンクロ 前のとと姉でスルーしてた戦後の起業編を詳しくやるのでは?

f:id:mizzn60:20161026101426j:image

まあこれも相当きついよ  これだけでわかる兄弟の確執

f:id:mizzn60:20161026101532j:image

 

個人的には何もやらない不器用なヒロインという見方でぐいぐい引き込まれてきたけど、視聴率は振るわず

 

 

べっぴんさん」第2週平均視聴率は19・8%…「まれ」以来大台割れ 

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/17/kiji/K20161017013553030.html

女優の芳根京子(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(月~土曜前8・00)の第2週の平均視聴率は19・8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが17日、分かった。第1週の平均視聴率は20・0%だったが、2週目で大台割れとなった。  各日の番組平均は10日=18・7%、11日=20・6%、12日=20・6%、13日=20・8%、14日=18・7%、15日=19・4%。  前々作「あさが来た」、前作「とと姉ちゃん」の週平均は全26週で20%超え。週平均の大台割れは「まれ」(2015年前期)第26週(19・8%)以来。「まれ」は第3週で週平均19・7%と大台割れした。  

 

 

アンチって必要悪なんですかね。くぐってみると関西はやや高め 関東関西の視聴率のかい離があるのはカーネーション以来だろうか。これは期待できそうですわ 

    

 f:id:mizzn60:20161026103912j:image

懐中時計の音と光と陰 忘れられないシーンになりそうです

 

 

 ウケ名場面

有働さん「 写真ぐらい見て結婚相手決めても」

f:id:mizzn60:20161026104128j:image

島崎和歌子さん「独身なので顔とか言ってる場合ではない」

ドランクドラゴン鈴木さん「  結婚には覚悟がないと無理ですよね」