スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

生まれてはじめてデュエットの楽しさとハモりの良さを知った曲 カナダからの手紙

 平尾昌晃さんの死去で経歴を改めて見直すとすごい作曲家だったことを痛感しております。

作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 慶応義塾高中退後、当時人気のウエスタンバンド「チャック・ワゴン・ボーイズ」に入り音楽活動を開始。57年、石原裕次郎主演の「嵐を呼ぶ男」にも出演。翌年は「リトル・ダーリン」でソロ・デビューし、「星は何でも知っている」「ミヨチャン」がヒット。ミッキー・カーチス、山下敬二郎とともに「ロカビリー三人男」として日劇ウエスタンカーニバルの看板スターとなった。

 ロカビリーブーム後は作曲を勉強し、67年に布施明の「霧の摩周湖」、梓みちよ「渚のセニョリーナ」で第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。70年代は五木ひろし「よこはまたそがれ」、小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」、アグネス・チャン「草原の輝き」などを作曲、ヒットチャート上位に作品が並んだ。

 74年に「平尾昌晃音楽学校(のちの平尾昌晃ミュージックスクール)」を創立。石野真子、狩人、松田聖子、倖田來未、後藤真希らを輩出。生徒だった畑中葉子とデュオを組み、78年に「カナダからの手紙」をデュエットし、大ヒットとなった。

 日本テレビの人気ドラマ「熱中時代」シリーズやテレビ朝日系の時代劇「必殺シリーズ」、アニメ「銀河鉄道999」などの音楽も手掛け、80年代からは宝塚歌劇団の舞台音楽にも携わり、幅広く才能を発揮した。06年からは「NHK紅白歌合戦」で番組のフィナーレを飾る「蛍の光」の指揮を務めた。

 

 

カナダからの手紙が1978年 この頃ですよね。自分がヒット曲を理解できるようになったのは。 FMCOCOROでかかってたのフルコーラスで聴いてやっぱりいい曲だわと再認識しております。

 

[radiko.jp]SUPER J-HITS RADIO(18時台) | FM COCOLO | 2017/07/23/日 | 18:00-19:00 #radiko

http://radiko.jp/share/?t=20170723185330&sid=CCL

↑関西なら30日まで聞けるはずです。

 

幼少でしたがはじめてデュエットの素晴らしさとハモリの良さに気づいた曲だと思う。これで大人の階段上ったような気がします。

 f:id:mizzn60:20170726123303j:image

紅白なんですけど演奏走りすぎですよね><


平尾昌晃 畑中葉子 カナダからの手紙 (1978年紅白歌合戦)

 

カナダからの手紙はあまり歌詞に深みはないような気がしますが\( 'ω')/

 

スポーツ新聞にかいてたんですが

中条きよしさんのうそや 熱中時代のぼくの先生はフィーバー、カリフォルニアコネクション 銀河鉄道999のテレビ版のOP、EDもつくってはったんですね。

 


カリフォルニア・コネクション 水谷豊 Yutaka Mizutani

 自分の世代では相棒ではないんですよ><

 


ささきいさお/「銀河鉄道999」「青い地球」

 

歌える曲ばっかりだわ

昔の映像が見える曲はやっぱり素敵だなとおもいました