スイジョウチカン  堺市とテレビと販促と未来予想と

世の中の流行やトレンドなど心の琴線に触れたことを語るブログ 

頭が欲しがってるものではなく、体が欲するものを食べるという考え方

最近好き嫌いが妙に変化しつつあるんですよね。

甘いもの好きだったのが 塩気のものが食べたくなってるわけです。夏場は暑く汗をかくので塩分を補給したくなってることのようでございます。

 

何かの書物で読んだことあるんですが、

 

頭が欲しがってるものでなく、身体が欲しがっているものを食べよ。

これは体が足りない栄養分を求めてるということからの聞こえてますか的な感じで直接的に呼びかけてる警告的なサインとのこと。

 

最近感じてたのは塩分補給 この夏は塩パンとか食べてばかりでした。

 

 

f:id:full-count:20170829102430j:plain

 

最近は酸っぱいものが欲しがる傾向。 昔はすっぱがり屋さんだったので、まったく食べれなかったし、今も苦手なんですが、疲れがたまっているようで、体の奥底からクエン酸的なものを求めてるようでございます。

アミノ酸も必要なので今日のお昼は肉かもとおもってたら今日8月29日は焼肉の日でした。ランチはお肉にしたいけど、仕事が山積みなので厳しいかもしれません\/